英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語への自信を失うような他人の意見は受け入れてはならない

2021/01/03

英語への自信を失うような他人の意見は受け入れてはならない

 
英語を習得するためには使うことが必須ではありますが、間違えるのが恐い。という思いからアウトプット学習が行えないという方もいます。しかし、挑戦しないことは失敗よりも恐れることです。英語への自信を失うような他人の意見は遮断するのがオススメです。
 

ネイティブは英語力を否定しない

 
日本語を勉強して、一生懸命話す外国人を日本人は笑いません。
これは母国語として幼き頃から自然と学び続けている日本人と、第二言語として日本語習得を目指す外国人という線引きが出来ているからです。
 
そして同様に、英語を母国語としているネイティブも、外国語として英語習得を目指している日本人を嘲笑うようなことはありません。
もし仮にバカにしてくるようなことがあれば、それはネイティブではなく、その人個人に問題があると考えるべきなのです。
 

日本人の英語を指摘するのは日本人

 
日本人の英語に対して細かく指摘してくるのは多くの場合日本人です。学ぶもの同士で認めて高め合う姿勢が大切でもあり、相手のためを思ってミスを正す方もいますが、優越感に浸りたいや優位に立ちたい、自分の英語へのコンプレックスをかき消すために相手を否定するという方もいます。
 
このような否定され続ける環境に身を置けば、誰でも自信を無くしてしまいます。
そのため、語学レベルに注目する相手ではなく、あなたとコミュニケーションを図りたいと思い、話す内容や伝えたいことに意識を向けてくれる仲間がいる環境で英語を使用していくと良いでしょう。
 
積極的に話せる環境で英語を使い続ける事で、教科としての英語力ではなく実用的な英語力を養うことにもつながり、英語が通じる事で自信もついていき話すことへの抵抗もなくなっていきます。
 

まとめ

 
相手の意見を聞き入れることで英語が上達するケースというのはありますが、あまり他人の意見を受け止めすぎて英語を使うことに恐れを感じてはいけません。
英語でコミュニケーションを図りたいという思いを大切にして、自身を肯定してくれる環境で英語への自信を重ねていきましょう。
 
また、話すことではなく英語力に対して自信がないという方、英語への苦手意識が強く心配や不安から英語を使うことをためらってしまう方は、英語の構造や規則といった学校教育では教わることのなかった英語の本質から理解を深め、英語の難しいといったイメージの払拭を可能とし本格的で生きた英語習得を可能とするLIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。LIBERTYは、一人ひとりの英語習得の目的について真剣に考え、必要な英語力習得に向けての学習サポートを行う生徒に寄り添うコーチング型の英語学校ですので、英語に関するいかなる不安もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約