英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

東海大学の受験では民間英語試験のTOEFLで突破を!

2022/02/02

東海大学の受験では民間英語試験のTOEFLで突破を!

 
文系や理系など数多くの学部を保有する東海大学は、受験生の多い人気の高い大学の一つです。文武両道の大学でもあり、スポーツ面でも結果を残し、進学希望者が多いため、しっかりと受験対策が必要となります。今回は、東海大学の受験では民間英語試験のTOEFLで突破するための学習についてお伝えします。
 

東海大学の受験について

 
東海大学では、文系・理系学部統一選抜(前期)、一般選抜(医学部医学科は除く)、文系・理系学部統一選抜(後期)で、民間英語試験のスコアで英語試験を有利に進められる大学となります。
 
英語への苦手意識を抱えている学生や、緊張しやすい性格で一発本番で実力が出せるか不安という学生にとっては、民間英語試験で結果を残して受験英語を突破するという方法もあります。
 
TOEFLであれば、42~71点までだと80点の加算がされ、72点以上だと100点の加算がされます。また、英検であれば2級合格で80点の加算、準1級で100点の加算されますので、高校生の間に英検合格や受験シーズン中にTOEFLで結果を残すことを目標に掲げておくのもおすすめです。
 

民間英語試験のスコアアップ

 
民間英語試験のスコアアップは、難しいから諦めているという学生がもしいるとしたら、その思いは早めに払拭したほうが良いでしょう。
大学によっては、民間英語試験のスコアを活用して英語試験の免除や加点といった手段が取れるので、受験英語を有利に運ぶことができます。
 
英語を得意としている学生だけでなく、英語への苦手意識を持っている学生も、このようなメリットを得られる大学を受験するのであれば、スコアアップを目指すことは重要です。
 
しかし、実際にスコアアップするにはどのような学習が必要なのか?と考えるでしょう。
多くの学生は、単語や文法を沢山覚えればなんとかなるという意識を持つでしょうが、それでも足らないというのが現実です。
 
英語は、正しく覚えた情報を構築しアウトプットできるようにしなければなりません。
この英語の構造や規則といったルールを知らずに、学習を続けていても英語の本質は見えてきません。本格的に英語力を養いたいというのであれば、基礎力をまずは高めていくことが大切です。英語のルールを理解せずにインプット学習に固執してしまうことで、英語への捉え方が分からず成長できずにいます。まずは、英語のルールについて正しく理解していく学習に取り組むことが大事なのです。
 

まとめ

 
東海大学の様な人気大学進学を目指す際に、民間英語試験の活用によって英語試験の免除や加点を貰えるというケースがあれば、結果を残すことで受験を有利に運ぶことが出来ます。ただし、大学が設定している基準は低くはありませんので、しっかりと英語学習を積まなければなりません。また、それらのレベルに達することが出来ずにいると、受験や進学後にも苦労することになるため、受験前に英語力をしっかりと高めておくことが大切となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約