英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語を使う高収入の職業はTOEICで測るべきじゃない理由

2022/08/02

英語を使う高収入の職業はTOEICで測るべきじゃない理由

 
就職活動中の学生にとっては、自身のやりたい仕事が高収入の職業であれば、喜ばしい事であると考えることでしょう。現代であれば、英語力によって収入が増えるといった事例が多いのも事実です。今回は、英語を使う高収入の職業はTOEICで測るべきじゃない理由についてお伝えします。
 

高収入を得られる職業について

 
高収入を得られる仕事の条件とは何でしょう。
大手企業や業績の良い企業に入社することでしょうか?
技術力や能力を活かすことでしょうか?
上司や後輩など同僚に好かれることでしょうか?
 
これらは、高収入を得られる条件の一つだと考えられています。
 
確かに、これらの条件は高収入に繋がる要因でもありますので、しっかりと考えて就職し仕事に打ち込まなければなりませんし、企業が求める人材への成長が必要です。
ですので、学生が就職活動する際に、高収入を得るためには、これらの要因を満たせる人材であるか判断されていることも考えなければならないのです。
 

英語を使う高収入の職業はTOEICで測るべきじゃない

 
高収入を得られる仕事の中には、英語力やTOEICスコアが重要であるといったケースがあります。この時、企業内での昇進や新社員の採用にTOEICスコアの〇〇点以上が必要などの基準が設けられていますが、このスコアは基準であり必要とされている英語力というのは、もっと実用レベルの英語力であるという事を知っておかなければなりません。
 
就職活動中の学生にTOEICスコアの提出を求める企業も増えていますが、これは能力を測るための線引きであり、採用後に必要となる英語力は、もっとレベルの高い専門的な能力が求められるケースが大多数です。
 
また、海外出張や海外赴任のある商社や外資などでは、スコアが高くても海外で結果を残せない英語力なんて無意味・無価値であるということを知っています。
英語はコミュニケーションツールですので、使い道のないスコアでは意味がありません。
 
必死にTOEICに絞った勉強法に打ち込む学生や社会人は大勢いますが、実践を意識せずに英語学習に励むのは勿体ありません。将来的に有益につながる英語学習に挑むべきです。
 
自身の収入や待遇を良くしたいと考えているのであれば、英語レベルについても考えていくべきでしょう。
 

まとめ

 
英語力があると高収入に繋がるなどの情報を目にする機会も多いことでしょう。
そこで、TOEICについても、高収入を得るためのスコアとして考えられていますが、このスコアアップは基準であり、本当に仕事を任せられる判断材料ではないということを理解しましょう。仕事で必要となる英語力は総合力の高い英語力であることに違いありませんので、英語スキルを伸ばす場合には、英語4技能を向上させる学習に取り組むことが大事であることを忘れないでください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約