生徒の声

STUDENT'S VOICE


Momoko Kato さんの体験談

IELTS7.0を達成し、ヨーロッパの大学院に出願できました

Momoko Kato さんの体験談 ・ 電気通信大学4年生

2023/01/23

英語が得意だけど点数が伸び悩んでいる人にぜひLIBERTYをおすすめしたいです。

私自身、大学まで日本国内の国公立で学んでいますが、幼少期から英語を習っていて、レベルとしては高校生で英検準1級を取るような、日本の学生の中では一般的に英語が出来るほうだと思います。なぜLIBERTYに通いはじめたかと言うと、個人での英語学習に限界を感じたからです。TOEICを何度か受けましたが900点を超えることはなく、英検1級も何度か落ちました。理由としては幼少期から英語を勉強していて、英語を感覚で解いているために、英文法を理解しきれておらず、単語の選択問題が最も苦手でした。

そんな中でヨーロッパの大学院の出願要件として、CFER(ヨーロッパ言語共通参照枠)C1レベルの英語、つまりIELTS7.0やTOEFL95以上のスコアが必要となりました。自分一人で勉強してもこれらのスコアを取ることは厳しいと感じ、TOEFL対策などの学校を探し始めました。何校か見学しましたが、そのなかでLIBERTYが他と全く違う授業体系で気になりました。テスト対策の付け焼刃の勉強ではなく、英語を根本的に学びなおしたいと考えていた私にとって「ここなら自分の苦手な文法を克服できるのでは?」と感じさせる面談で、体験授業で確信に変わりました。

体験授業は目から鱗の解説で、「なんてわかりやすいんだ、初めて文の構造が分かった」と感じることが出来ました。それまで正直、形容詞や副詞の意味をちゃんと納得しておらず、文法の意味を聞かれても答えることが出来なかった状況から、グラマーテーブルのレッスンを受けることによって文法がわかるようになりました。英語の授業で初めて納得する感覚をLIBERTYで覚えました。グラマーテーブルを習ったことにより、なんとなく雰囲気で読んでいた英文が、クリアに意味を読み取れるようになりました。以前まで、英文がどこで切れるのかわからない時もありましたが、その状態になることが無くなったと感じています。

またグラマーテーブルを半年間オンラインでスペインから受講していましたが、オンライン授業も対面型と変わらないクオリティで、フレキシブルに受講できたのでとても良かったです。帰国直後にとりあえずと、特別な対策をせず初めて受けたIELTSが6.5で、「すごいじゃん」と思ったのを覚えています。ひとえにグラマーテーブルで英語を理解しなおしたおかげと言えます。現在ライティングとスピーキングのクラスで勉強していますが、他の受講者と練習し合えるというスタイルは非常に刺激を受けます。

将来はヨーロッパの国際機関で研究するのが目標なので、現在のスコアに満足せず、ネイティブ並みに英語を運用できるようになりたいと考えています。その基礎として、グラマーテーブルは強固な地盤となっています。またスペイン語も習得中ですが、LIBERTYで意味が分かるようになった文法用語が理解に役立ち、また英語に非常に似ている言語なのでとてもスムーズに学べており、グラマーテーブルの汎用性の高さを感じます。

他の学校ではなく、LIBERTYを選んで良かったなと思っています。

 

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約