英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLやIELTSのハイスコアで受験も大逆転させる!

2020/05/02

TOEFLやIELTSのハイスコアで受験も大逆転させる!

 

大学・大学院受験を控えた学生にとって英語力を向上させたことによって、国内外の有名校へ進学できるようになるケースは非常に多いのです。しかし、それが困難であるのも事実です。今回は、TOEFLやIELTSのハイスコアで受験も大逆転させる方法についてお伝えします。

 

英語力向上がきっかけで変わる人生

 

大学・大学院進学を目指す学生は、有名校へ合格する目標を掲げ日夜勉強に励んでいますが、苦手科目が1教科あるだけで不合格となるケースは多々あります。

 

特に英語と言う科目を苦手とする学生は多いのです。
国語や数学といった科目であれば合格ラインに到達させられる学生は多いのですが、英語という語学だけは、どうしてもスコアが稼げず足を引っ張る形になってしまう傾向が強くもあります。

 

そのため、英語力向上がきっかけとなり自身の目標していた学校よりも、ワンランク上の学校への進学を望めるようになる確率も高まっていきます。また、英語の成績が上がると国内だけでなく海外の一流校への進学も目指せるようになり、グローバル化に適した人材育成の最先端の教育を学ぶことも可能なのです。人生の転機は、些細なきっかけで変化をもたらします。それが、英語という語学なのかもしれません。

 

TOEFLやIELTSのスコアアップ

 

民間英語試験のTOEFLやIELTSは、留学するために必要な試験と言うポジションにありますが、国内大学や国内企業でもTOEICよりも重要視する傾向もあります。

 

TOEICは2技能を図る試験であり、総合的な英語力が使える人材であるといった評価基準ではなくなってきています。しかし、TOEFLやIELTSは4技能が備わっていなければハイスコアの獲得は困難となります。従ってTOEFLやIELTSでのスコアアップが進学や就職にメリットを与えることにもつながっていくため、本格的な英語能力の向上が必須となってきています。

 

また、現代社会におけるグローバル化に適した人材とは、英語で海外企業と商談するや海外支社へ配属されても結果を残せる人材の事を示しています。海外で外国人とコミュニケーションが行え、リーダーシップを発揮するには英語と言う語学を堪能にする必要性があります。

 

これらの願いをLibertyのレッスンで叶えることができます。
グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基礎となる構造や規則を理解することができるようになります。英語の「核」となる部分を強化するため、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上し、教養ある英米人が操る本格的な英語をマスターすることが可能となり、民間英語試験のTOEFLやIELTSなどでも結果を残せます。

 

まとめ

 

英語という語学は、現代の日本社会においても重要なスキルと位置付けられています。
グローバルな世の中で、英語を使いこなせない人材は淘汰されることはなくても、重要なポジションに配置されない、昇進昇級が困難となる時代は、すぐそこにまでやってきています。英語力は向上させることで、大逆転するきっかけにもなり得るスキルです。
これからは、進学・就職に役立つ本格的な英語力を身に付けることが大切なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約