英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語力強化は急ぐべき?インターナショナルスクールへの進学

2020/05/03

英語力強化は急ぐべき?インターナショナルスクールへの進学

 

グローバル社会に適応できる人材として英語力の向上は重要です。そのため、お子さんをインターナショナルスクールへ進学させたいと願う親御さんも増えています。今回は、英語力強化は急ぐべき?インターナショナルスクールへの進学についてお伝えします。

 

インターナショナルスクールへの進学

 

インターナショナルスクールは、日本に在住する外国籍の児童のための教育施設ですが、現在では、グローバル化に伴い多様化する情勢対応できる人材育成も重要とされているため、親御さんが日本人も入学できるインターナショナルスクールへの進学を望むケースも増えています。

 

日本の学校教育では英語習得が困難でもあるため、インターナショナルスクールへ進学し、英語力を備えて欲しいという親心も感じられる進学と言えます。

 

ただし、日本のインターナショナルスクールへの進学は学校内の学生が日本人ばかりで英語を授業では使うけれども、友達との会話は日本語となるケースも多いため、英語力が確実に向上するかと言えば難しい面もあるようです。また、学費も安くはなく年間200万円以上が目安と言われています。

 

そして、インターナショナルスクールは日本の学校教育課程を定めていないこともあり、インターナショナルスクールの高校を卒業しても、日本の大学受験資格が得られないケースもあります。

 

どうやって英語習得を目指すのが良い?

 

インターナショナルスクールは、英語の授業で教師も外国人であることから英語習得のチャンスでもありますが、費用や大学受験資格などのハードルを考えると、かなり大変な将来設計を考えなければならない進学になることを理解しておく必要性があります。

 

では、お子さんに高い英語力を国内において身に付けさせ、将来グローバルな社会に適応できる様にしていくのかといった事を考えると、日本の学校教育法に定める学校と正しい英語レッスンを行ってくれる英語学校に通わせることで賄えると言えるでしょう。

 

日本の学校だけでは、やはり英語力は身に付きませんし、総合塾でも高校・大学進学のためだけの英語スコアアップのレッスンは行いますが、使える英語への学習レベルは決して高くはありません。大半の学生が英語を使えずに進学していく形になります。

 

Libertyでは、教養ある英米人のエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基礎となる基盤・規則を体系的に理解していただき、英語の正解を把握できるようになり、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

インターナショナルスクールへの憧れをもつ親御さんも増えていますが、実際に入学すると、その費用の高額さや、日本人の多い学校であれば英語習得まで至らないといった悩みにもなるようです。

 

そして、高校進学や大学進学では一般の学生より不利になるケースもあるので、進学のための勉強も増えるといったことも考えていかなければなりません。

 

お子さんの英語力を高めたい親御さんは、幼いころから英語を身に付けて欲しいと言う願いも大切ですが、将来の進学まで見据えてサポートしてあげましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約