英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

国際教養学部などの英語特化の学部進学がメリットとなる理由

2020/05/04

国際教養学部などの英語特化の学部進学がメリットとなる理由

 

上智大学の国際教養学部や慶応義塾大学経済学部PEARLなど、英語だけで授業をするグローバル化に適した人材育成を行う学校が増えています。今回は、国際教養学部などの英語特化型への進学がメリットとなる理由についてお伝えします。

 

グローバルな時代に適した学び

 

日本人にとって英語への苦手意識があることで、グローバルな世の中で活躍する場所が限られていることはマイナス要因でしかありません。それは、企業にとっても同様の事が言えます。

 

英語と言う語学をマスターしていることで、国内だけでなく海外シェアにもアプローチすることができるため大きなメリットになります。
国内で飽和状態のシェアの拡大を目指すよりも、先進国に商品を売ることや買うことでビジネスビジョンが大いに広がることでしょう。

 

しかし、そこには語学の壁や価値観の違いなどがあります。それらを理解し対話するには、こちらの情報を正確に伝えることや、相手の要望を受け取らなければ進展はありません。

 

このような知識や教養を身に付けることが出来るのが、上智大学の国際教養学部や慶応義塾大学経済学部PEARLなどのグローバル人材を育成する学部です。近代的な情報を精査する力や、新知に対応する能力を養うことができ、異文化への繊細な感受性を身に付け、多様性ある市場で戦える力を蓄えられます。

 

このような人材が増えることで、日本のさらなる発展にも期待することができるのです。

 

英語という語学がもたらすメリット

 

英語を使いこなせれば、日本のコンテンツを海外に向けて販売することや、逆に海外のコンテンツを日本に向けて販売するなど価値ある施策を取り入れられます。
英語というスキルを操ることができるだけでも、ビジネスチャンスは生まれるということです。

 

YouTubeなどで、海外の動画がアップされ日本語字幕付きなどがあると、コメント欄に感謝の声が溢れているように、日本人の英語への苦手意識と言うのは未だに拭い去られていません。また、逆も然りで日本語を英語に翻訳して欲しいと願う外国人も数多くいるのです。

 

このように語学が堪能になるだけでも、人生の幅が広がります。
英語という語学への苦手意識を払拭し、高いレベルの英語力を身に付けるための学習を始めてみませんか。

 

Libertyでは、英米人のエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することで、英語の正解が把握できるようになります。英語の核が強化され、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

現代において英語という語学を習得していることで、チャンスは広がります。
上智大学の国際教養学部や慶応義塾大学経済学部PEARLなどの、英語教育に特化した学部で卓越した専門的知見を学ぶことで、より良い人生を見据えることもできるでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約