英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

受験英語対策に最も重要なのは暗記力?英語学習の取り組み方

2020/05/04

受験英語対策に最も重要なのは暗記力?英語学習の取り組み方

 

高校・大学受験において英語という科目で結果を出すには、どうしたらいいのか。こういった悩みを抱えている学生はとても多くいます。今回は、受験英語対策に最も重要なのは暗記力?英語学習の取り組み方についてお伝えします。

 

暗記重視の英語学習の問題点

 

受験を控えた学生にとって、一分一秒を無駄には出来ません。
単語を今日は幾つ覚える・文法を覚えた、そんな勉強に明け暮れる学生が多くいますが、なかなか模試で結果が出ないやTOEICやTOEFLでスコアが伸びない。なぜ勉強時間に応じて能力が向上しないのでしょう。

 

こんな感覚を覚える学生が日本には数多くいますが、勉強法が間違っているといった意識を抱いたことはありませんか。

 

学校や総合塾で教えられる勉強法の多くは、単語を覚えなさい。文法を覚えなさい。このような問題が出題される傾向が強いから覚えなさい。
そう、暗記ばかり強要する詰め込み式の学習が多いのです。

 

英語はコミュニケーションツールですので、対人で扱えるようになる。自分の意思を伝えるようになることが語学の目指すべき能力値であり、英語が向上する条件なのです。
暗記ばかりに頼り、アウトプットが出来ない英語力には将来性がありません。

 

正しい英語学習の取り組み方

 

日本の英語への取り組み方は暗記に頼った方法が主となり、コミュニケーションツールとしての機能を果たそうとしていません。

 

実際、英語は語学ですので、対人相手にどれだけ言葉を伝えられ、自身が聞き取れるかが重要なツールです。そのツールを活かすからこそビジネスや交友関係を広げられるのです。アウトプットが出来ない能力を英語と呼んではいけません。
だからこそ、英語学習を向上させたいと願うのであれば、外国人に伝わる英語力を身に付けなければいけないことを理解しましょう。もちろん、業種など英語を話すシーンによって使い分けが必要な単語や文法も違ってきますので、暗記が必要ないと言っているわけではないため注意しましょう。単語・語彙力の積み上げは必ず必要となります。

 

Libertyでは、教養ある英米人のエリート層が操る本格的な英語を習得するカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の正解を把握することが出来るようになるため、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

暗記ばかりの勉強法で受験や就職は乗り切れるかもしれませんが、将来英語を使うシーンが増えている現代のグローバルな世の中で使えない英語ほど意味がない物はありません。
外国人と対話しコミュニケーションが行える本格的な英語習得を目指すことが重要だということを忘れずに英語学習に励みましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約