英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

退学や転職が好機になる?次のステップにつながる英語力

2020/05/04

退学や転職が好機になる?次のステップにつながる英語力

 

大学を中退や退学になるや仕事先を辞めて転職しようとする学生や社会人の方は、次のステップにつながらなければ、その選択に後悔を抱いてしまう可能性があります。今回は、次のステップにつながる英語力向上のすすめについてお伝えします。

 

退学や転職はデメリットではない状況にする

 

学生や社会人にとって、退学や退職という状況は不利になると考えるケースがありますが、実際に現代社会の状況を考えると、あまり不利というケースに陥る状況へと追いやられることは少なくなっています。
会社の人材も高齢化していき、若手や中堅の転職が多く人材が枯渇している事もあり、職業を選ばなければ就職先と言うのは必ず見つかる状況でもあります。

 

しかし、自分自身が楽しいや嬉しいと思える環境で働かなければ、また会社を辞めるという選択肢を選ぶ必要性が出てきます。これでは、いつまでたっても根無し草の様な生き方を続けることになります。収入や信頼と言うのは業績の積み重ねで勝ち取るものでもあるため、ふわふわした生活を繰り返しても、自分自身の理想とは程遠い生活を送ることにもなるのではないでしょうか。

 

中退・退学や退職による転職といった行動を起こすのであれば、しっかりと次のステップにつながるスキルを習得するなど、将来を見据えての行動が重要となります。

 

自分の可能性を高める語学力

 

日本はGDPが世界第三位の経済大国でもあります。
大企業・中小・フリーランス様々な職種の方々の働きがあってこその経済力で成長を遂げてきています。しかし、現在の日本において枯渇している人材の一つが語学力堪能な人材です。

 

英語やドイツ語に中国語など様々な語学があるなかで、日本人ほど日本語のみに依存している人種は珍しくもあります。母国語と共通言語を使い分ける人種が多いのにも拘わらず日本人は外国語をマスターしようとはしません。

 

今後の、少子高齢化社会や外国人労働者の雇用を見据えていけば、英語という語学を操れる人材が必須となり、その需要は拡大していくことが予測されます。また、外国語が使えると日本国内だけでなく海外での仕事も視野に入れることさえ考えられ、自分の将来の幅を広げられるのです。

 

Libertyでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基礎となる構造や規則を理解し、英語の本質を把握することで、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

退学や転職という道を選んだ場合に、大事なのはその先の未来で何を成すのか。
そして、成すべきことに必要な知識や技術は備わっているのか。
これから備えるとしたら短期間でマスターすることは出来るのかなど、しっかりと目的意識を持って行動しましょう。
嫌だから辞めるという単純明快な問題だとしても、その先の未来を自分で切り開く力を養わなければならないことを忘れてはいけません。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約