英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLスコアアップも自分の発信力を鍛える学習法が重要

2020/06/02

TOEFLスコアアップも自分の発信力を鍛える学習法が重要

 

現在の日本の社会において英語力というのは、4技能が備わっていることが重要だといった見解になっています。それも、グローバル社会の流れによって英語で自身で発言できる力といった発信力を備えていることが重要とされます。また、TOEFLといった試験のスコアアップにもつながり英語力向上の元となります。

 

発信力が備わらなければならない英語

 

英語という語学について日本人の多くは、難しいや理解が出来ないといった印象がある言語になります。しかし、現代社会において英語が話せなければ、海外との商談や海外支社とのコミュニケーションが行えず問題となるため、語学力向上はこれから社会に出る学生にも求められているスキルなのです。

 

また、この英語力はペーパーテストで良いスコアを獲得できる暗記力がメインの力ではなく、自身で文章を構築し言葉として相手に伝えられるレベルになるので、学校で良い成績を残したことよりも、外国人と臆することなくコミュニケーションできるレベルの事を言います。

 

日本人の中にはTOEICでハイスコアを獲得できても、TOEFLでは散々な結果だったという方は少なくはないのです。それもそのはず、2技能と4技能ではその英語での求められる力が違うため、日本人が得意とする暗記で対応できるものであればスコアが良いのですが、4技能となれば自分自身で英語を構築して発信する力がなければいけないのです。

 

ですが、日本の学校教育や総合塾ではこの力を養ってくれるサポートはしてくれません。
日本人の英語への苦手意識は、4技能を強化する語学学習を行っていないため問題となっているのです。

 

発信力を付ける英語学習

 

英語で大切なのは英語を使いこなして、対人とのコミュニケーションが行えることになります。ですので、いくら単語や文法を暗記して覚えたとしても、アウトプットする能力が欠けていれば英語を習得するまで至らないのです。

 

だからこそ、英語のゴールはコミュニケーションツールとして成り立つようにすることを目指さなければなりません。

 

Libertyでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を体系的に理解し、英語の正解を導き出せるようになり、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上し、TOEFLなどの民間英語試験で結果を残すことができるようになります。

 

まとめ

 

現代社会において英語と言うスキルはとても重要な役割を担っています。しかし、日本人にとっては苦手意識が強い科目でもあるため、自分自身で発言出来るような文章を構築することができないや、対外国人を目の前にすると話せないといったケースが多くあります。

 

学生時代から正しい英語学習に取り組むことで、英語への苦手意識を払拭し成功に導く語学力を身に付けることが可能となります。英語習得を目指す方は、Libertyの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約