英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語学習に行き詰まりを感じたら異なる環境に身を置いてみよう

2020/06/03

英語学習に行き詰まりを感じたら異なる環境に身を置いてみよう

 

受験勉強やTOEFLやIELTSといった民間英語試験で結果が出なければ大変だと焦る気持ちを抱く学生は少なくはありせん。そういった状況に陥れば、集中力を欠いてしまう学習になり行き詰まりを感じてしまう事でしょう。そんな時は、異なる環境に身を置いてみることをおすすめします。

 

上手くいかないときはとことん上手くいかない

 

ちょっと悪いことが起こると、負の連鎖の様になにをやってもダメ!
そんな時ってありませんか。俗にいう負のスパイラルに陥る状況です。
テストの点が上がらない。模試も散々な結果。両親とケンカ。
歯車が狂いだすと何事も上手くいかず、上手に言っていた頃が思い出せない。野球で言えばイップスの様な感じですね。

 

特に勉強は、個人競技ですので、自分が怠ければ結果は付いてこず、努力すれば結果として付いてきます。

 

しかし、一度失敗してしまって、そこから停滞してしまうケースが非常に多いものです。
自分自身でなんとかしようとしても、上手にいかなくなった場合は、指導者に頼るしかありません。野球で言えば監督やコーチにカウンセラーなどの医師。勉強で言えば先生や講師にあたります。一人で悩みを抱えて成功させるのは大変ですので、異なる環境に身を置いてみることをオススメします。

 

英語学校で正しい英語学習を!

 

学校のテストや塾の模試で結果がでない場合って何が悪いと思いますか?
単語や文法の暗記があまかった、長文読解に時間が掛かり過ぎた、定型文を覚えられなかったなど、さまざまな要因が重なり結果がでなかったという学生が大半です。

 

けれど、このような英語学習では本当の英語力は身に付きません。
自分自身で文章を構築し、発することができなければ、英語でコミュニケーションを取れ、使える英語に成長させられません。

 

暗記に頼ることが悪いことではありませんが、自分の思いを伝えられる英語を習得しなければ、将来ビジネスシーンや留学した際に苦労するのは自分自身なのです。正しい英語を学ぶ環境に身を置き、英語習得を目指して苦手意識を克服していきましょう。

 

Libertyでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルという英語学習法を基礎に、英語の核となる構造・基盤を体系的に理解できるため、回り道をすることなく、最短距離で高い英語力を身につけることができます。

 

まとめ

 

英語学習に苦戦する学生や社会人は大勢います。
ですが、諦めることなくチャレンジすることで必ずマスターできる言語だと考えています。
行き詰まりを感じましたらLibertyの無料カウンセリングを受けてみてください。新たな英語への理解へとつながることをお約束いたします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約