英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

国内大学への進学の意欲を本気で考えよう!英語で変える未来

2020/06/04

国内大学への進学の意欲を本気で考えよう!英語で変える未来

 

国内大学へ進学する学生のうち何パーセントの学生が、将来に役立つ進学を行えているのでしょう。高い知識や教養を身に付けるよりも交友関係を広げる場として必要だといった意見もありますが、大学名だけでは就職ができない現代において、進学の意欲について本気で考えましょう。そして英語で変える未来もあることを知ってください。

 

有名国内大学進学がエリートの証は続く?

 

日本の東京大学や京都大学と言った有名国立大学への進学を目指す学生の中には、自身の将来やりたい事への学びのレベルアップのために進学を目指すことになります。

 

政治家や有名企業に就職する方の大半が、有名大学卒業生であるケースは現在も変わりません。学力や知性の高い人材を社会が欲するのは当然のことですから、有名大学進学は間違った選択ではありません。

 

ですが、俗にいうBランクやCランクといった大学で学んでいる学生の学習への取り組みに至っては、一部の生徒は真面目に学び教養や知識を蓄えています。しかし、それ以外の学生は交友関係を広げることや、アルバイトに精を出すことに一生懸命になり、就職で有利となる学びは行っていない傾向が強いのです。

 

これでは、高校卒業後に就職し4年間経験を積んだ学生よりも、能力や経験のない大学生に価値を見出す企業が減ってくることも理解ができます。高卒だからといって仕事が出来ないということはありませんし、4年間社会にもまれていることで精神的にもタフになり結果を出している方も大勢いることも考えなければいけません。

 

就職までの猶予を大学の4年間や短大の2年間を無駄に過ごすぐらいなら、就職することや周りの学生が身に付けていないスキルを習得することで、将来を変えられることに気が付くべきでもあるのです。

 

将来性のある英語力を身に付けましょう

 

進学や留学を選ぶ学生、就職を選ぶ学生にも言えることがあります。それは、社会が求めているスキルを習得していることが、自身の将来にもっとも有益となる可能性が高まります。現代で言えば、英語力やPCスキルに介護資格が就職に役立つ傾向にあります。

 

グローバル社会であるがゆえに、海外との取引や海外に子会社を持つ企業が増えていることにより、対外国人とのコミュニケーションスキルの英語。IT化が進む現代のPCスキルは、技術の発展に一躍買っています。そして日本や経済大国の多くが抱える少子高齢化問題により、介護を必要とする人口が増えていることです。このような問題に対応できる人材が枯渇していることもあり、企業が能力の高い人材を欲している状況です。

 

英語に関して言えば、学校教育で学ぶのにもかかわらず高い英語力を備えることが出来ない難しい語学として認知されています。ですが、正しい英語学習を受ければ誰でも身に付けられるスキルだと考えています。

 

Libertyでは、グラマーテーブルという英語学習法により「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。ご興味がある方は、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

大学進学は、人生の岐路ですが人生の全てではありません。
自分の将来の夢を達成するための目標でしかないのです。その後の将来に目的達成させたい事があるからこそ、進学を選んでいるはずなのです。だからこそ、進学の重要性や学ぶことの必然性について真剣に考えてみましょう。将来成しえたい事に対しての取り組みは、一歩間違えれば時間の浪費にしかつながりません。自分の人生を価値あるものにするための目標や目的について真剣に考えてみることも大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約