英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

社会人の英語習得を本格的に始めるために重要な心構え

2020/06/05

社会人の英語習得を本格的に始めるために重要な心構え

 

社会人の方の中には、英語を早く習得したいと願うケースは決して少なくはありません。大学受験などを控える学生よりも急務といった状況も考えられます。今回は、社会人の英語習得を本格的に始めるために重要な心構えについてお伝えします。

 

時間を掛けられない社会人の英語学習

 

学生は、学校の授業以外に部活やアルバイトといった時間を削れば、幾らでも自身の学習時間を確保することができますが、社会人の方であれば、週休2日の休みの日や、祝祭日あたりが唯一の学習時間に使える部分だと言えます。

 

しかし、企業によっては週休2日も取れない職種も中にはありますし、サービス業などは祝祭日もありません。そんな中で、英語習得を目指そうと努力する社会人の方の中には、睡眠時間を削ってなんとか学習時間に費やしているのではないでしょうか。

 

その勉強方法が捗っていればいいのですが、1年2年経っても身にならない英語学習を続けていれば問題です。ハッキリ言って意味のない英語学習だと言ってもいいでしょう。
社会人の方が英語学習を本気で取り組むのであれば、英語でチャンスが生まれるということが分かっているからこそ取り組んでいるため、時間をかけてはいけません。最短距離で身に付けるべきスキルだと実感するべきなのです。

 

社会人が行うべき英語学習

 

英語は、暗記に頼るだけではいけません。単語や文法をいくら詰め込んだところで使い方が分からなければ、ビジネスで活かせるのは、英文を翻訳するだけの能力が限界でしょう。
しかし、本当に求められている英語力は、外国人相手にコミュニケーションが行える使える英語ではありませんか。

 

商談やプレゼンテーションで発揮される英語力。これこそが、ビジネスシーンで役立つ英語力と考えられていませんか。文章を翻訳するのは、現代においてはネットの翻訳機能を利用すれば、誤差はありますがニュアンスを読み取れるまでのレベルになっています。

 

対人でのコミュニケーション能力が必要とされる語学力をマスターするべきなのです。
現在必死に単語や文法を詰め込むことに成功したのであれば、アウトプットを正確に行える英語能力を身に付けていく学習に切り替えることが大切です。インプットした物が使えなければ意味がありません。むしろコミュニケーションを取る上で大切なのは、アウトプット能力の向上なのですから、使える英語へと成長させる必要性があります。

 

Libertyでは、英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、回り道をすることなく、最短距離で英語力を身につけることができます。英語学習に苦戦している方は、ぜひLibertyの無料カウンセリングを受けてみて、英語学習の近道となるカリキュラムを体感してみてください。

 

まとめ

 

英語習得したとしても、そこから英語を使いこなすのにも時間が掛かります。
英語を英語として理解できる英語脳を養い、英語を使う機会を増やし流暢に話せるようにしてネイティブレベルまで引き上げることが大切なのです。
そのため、時間をかけて英語を習得しようと学習するのではなく、限られた時間でマスターを目指す英語学習に切り替えた方が効率的でもあり、ビジネスチャンスが増えることを理解して取り組むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約