英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLで失敗しても終わりじゃない!英語学習で大切な意識

2020/07/05

TOEFLで失敗しても終わりじゃない!英語学習で大切な意識

 

TOEFLの学習に打ち込む学生にとって、成績が思ったようなスコアじゃなければ自分に英語の才能はないのかなどの疑心暗鬼に陥ってしまう事もあるでしょう。しかし、TOEFLで失敗しても終わりではありません。英語学習で大切な意識改革についてお伝えします。

 

TOEFLはあくまでテスト

 

TOEFLは、英語4技能を測るテストですので、出題のバランスによってはスコアが思った以上に伸びないことも時にはあります。それほど、出題内容も変わるため、一度の挑戦で芳しくない状況に陥ったとしても落ち込む必要はありません。
 
英語は、語学でありコミュニケーションツールですので、使えることが大事であるということを理解してください。自分の目的が達成することが可能な英語力さえ身に付けられれば良いといった解釈もできるのです。
 
もちろん、海外留学などを目指す学生にとっては大事なスコアにもなりますので、御座なりにして良いと言う話ではありません。一度の失敗で英語の才能がないや、向いていないといった感情を抱きモチベーションが下がってしまう事が問題なのです。
次に受けたら結果は違うかもしれませんので、TOEFLなどの民間英語試験での失敗をひきずるようなことのないようにするメンタルは必要です。

 

英語学習で大切な意識改革

 

TOEFLの失敗もそうですが、英語を話すことへの恐怖心なども意識改革していかなければなりません。正しい文法が使えているか、単語のチョイスは間違っていないかなど、頭の中で考え込んで会話できないことが一番の問題材料となります。
 
最初は誰しもが、語学を使うことにより失敗を経験します。
失敗から学び、成長するのも語学の特徴ですので、一回の失敗で落ち込んではいられません。むしろ、そこからフィードバックしてもらい、正しい英語に育てていく意欲が大切なのです。英語は難しいと感じるかもしれませんが、基礎を理解していれば失敗する回数も減らすことができるので、挑戦していきましょう。
 
Libertyでは、教養ある英米人のエリート層が操る本格的な英語習得を目指せるカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを身に付けていただくことにより、文法の根底をなす英語の構造・規則を体系的に把握できるようになるため、今までの文法理解が深まります。英語の本質を理解することで、Listening/Reading/Speaking/Writing の4技能において、短期間で飛躍的にスコアをアップすることが出来ます。

 

まとめ

 

語学に失敗は付き物です。むしろ、習得したといった自負があっても失敗することもあります。それは、日本人が日本語で言い間違いを起こすような感覚ですので、なんら恥ずかしがることもありませんし、恥ずかしいと感じるのはその一瞬だけです。英語での失敗を糧に、さらなる挑戦意識を持ち英語学習に励みましょう。
そうすることで、TOEFLなどの民間英語試験のスコアアップにも必ず繋がることでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約