英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

暗記に固執するのではなく繰り返しで身に付ける英語学習

2020/07/05

暗記に固執するのではなく繰り返しで身に付ける英語学習

 

実用的な英語力に磨きをかけるためにはアウトプット学習も必要となりますが、英語の語彙や文法といった言葉の引き出しを増やすことも大切となります。基礎強化は必ず行わなければなりませんが、暗記ではなく繰り返しを意識した英語学習がおすすめです。

 

大人は脳だけでのインプットが難しい

 

子供は九九といった、ただ単に暗記するという記憶力において優秀ではありますが、大人は何もない数字だけ、英単語だけの暗記を得意とする時期は既に終わっており、苦手とする部分ではあります。
 
そのため、子供達は大人が英語を日本語に無理やり置き換えて考えたり、英文法を一所懸命に組み立てようと悪戦苦闘し英語は難しいというイメージを刷り込まれることなく、日本人が日本語を扱うように英語を一つの言語として習得を容易にこなすこともできるのです。
 
しかし、英語の需要というものは、大人になってから気づき、本格的に英語を学び直すのも、子供の用な優秀な記憶力が失ってからという方が大半です。そんな中で、机に向かい単語や英文法をがむしゃらに詰め込む学習を行っても非効率的となってしまうのです。

 

大人向けの英語学習

 

前項で話した通り、暗記に特化した学習法は大人向けとは言い難いものです。
しかし、多くの総合塾や学習塾ではTOEICやTOEFLといった試験のために、詰め込み式の暗記型学習が遂行されている状況です。
この学習法は英語習得を困難とするだけではなく、目で理解できるけれど、スピーキングやリスニングといったコミュニケーションに繋がる英語を身に付けられない日本人の量産原因とも言えます。
 
学校教育での英語学習が染み付いた大人達にとって最初に取り組まなければならない学習は、英語基礎の作り直しです。
Libertyでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドで、日本語脳で英語を組み立ててしまう誤った英語基礎を取り払い、英語脳を養うための本当の英語基礎を習得していただきます。英語の構造や規則性について理解を深めることで、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力向上を可能とするため、最短で確実に効率良く本格的な英語力を手に入れることができるようになります。

 

まとめ

 

大人は暗記に特化した学習を苦手としていますが、五感を大いに使う学習法や、大人が得意とする関連付けで覚えるスタイルの英語学習を繰り返し行うことで英語力向上を目指すことができます。しかし、飛躍的な英語力向上や本格的な英語をマスターするためには、学習スタイルの見直しだけではなく、英語脳を作り上げる基礎についての知識を得なければならないということに意識を向ける必要があります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約