英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

独学で英語が身に付く人と全く身に付かない人の違い

2020/07/07

独学で英語が身に付く人と全く身に付かない人の違い

 

世の中には、英語習得するための学習法が多岐に渡るため、独学で英語をマスターする方もいます。ですが、同じ勉強法を真似ても全く英語力が向上しない人もいます。ここにはどのような違いがあるのかお伝えいたします。

 

英語は目的意識を明確にすることが重要

 

独学で英語習得を達成する方の特徴の一つに、目的意識の明確化が行われている傾向にあります。「英語を使ってキャリアアップする」「海外へのビジネス展開を目指す」など、それぞれ違った内容の目的があっても英語を使えるようにするといったスタンスには変わりありません。
 
一方で独学で英語をマスターした方の勉強法をなんとなく取り入れて英語が習得できればいいやといった取り組みをする多くの方は挫折しています。目的意識が弱い行動に対しては、少しの挫折や失敗が影響し、諦めるのも早くなるので、どんなスキルを習得するにしても、目的意識がない状態で勉強するのは危険です。
 
グローバル化に伴い英語が必要となるシーンが増えているため、英語が本当に必要にならないと覚えられないといったケースもあるでしょうが、切羽詰まった状況での英語学習は焦りや不安にも繋がってしまいます。そのため、英語学校でサポートを受けながら、目的達成できる英語学習に取り組んだ方が、英語習得の可能性も高まります。

 

目的意識のない英語学習

 

英会話スクールで英語のレッスンを受けたり、1日何分英語を聴いているだけで英語が出来るようになるといった英語学習への取り組みが日本では流行り飛びつく方も多くいます。しかし、その内の何パーセントの人が英語習得までたどり着いたことでしょうか。多くの人が挫折したと言えるでしょう。
 
英語ビジネスは、英語力が向上しなくても成立するビジネスでもあるため、ニーズさえあれば、お客さんの足は絶えることはないでしょう。ですが、現在のグローバル化では、本格的な英語力を身につけることが出来なければ職を失う可能性さえあるのです。
 
下手な英語レッスンを受けるぐらいならば、独学の方が良いのでは?と考える方がいてもなんら不思議な事ではありません。ただし、英語習得するには、正しい英語の規則や構造を理解する必要性があります。その重要なポイントを理解するには、一人では困難かもしれませんし、目的意識がない英語学習ではたどり着く事も困難なのです。
 
LIBERTYでは、正しい方法で英語を勉強すれば、日本人でも教養あるグローバルな人材が身に付けている、本格的な英語を必ずマスターすることができると確信しています。「英語の正解」を把握し、最短かつ確実に高い英語力を養いましょう。

 

まとめ

 

独学で英語を身に付けるということは、とても大変であり時間のかかる勉強法です。
また、英語が相手に伝わるように語学学習を続ける必要もあるので、正しい英語を初期の段階で身に付けることが重要でもあります。間違った英語学習ではなく、目的が達成できる英語力を備えていくことが大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約