英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

日本語直訳の英語は危険!相手を不安にさせない英語マナー

2020/07/07

日本語直訳の英語は危険!相手を不安にさせない英語マナー

 

英語はコミュニケーションを図るためのツールです。相手への敬意や尊敬の念がなければならない物でもあります。しかし、日本では英語への捉え方が少し危険に感じることもあります。今回は、日本語直訳の英語は危険!相手を不安にさせない英語マナーについてお伝えします。

 

日本語を直訳して使うのは危険

 

日本の学校教育や独学によって英語力を向上させようとする方の中には、日本語をそのまま直訳して失敗するケースがあります。
 
特にビジネスシーンでは、相手に伺い立てるシーンなどで、日本語の言い回し方を英語に直訳してしまって大きな失敗につながることが良くあります。「Please sit down」や「Who are you?」は誰しもが学校の授業で教わってきた文章ですが、実際にネイティブの方に使えば失礼にあたることもあります。
 
英語にも丁寧な表現があり、一つ間違えれば相手の機嫌を損ねてしまい兼ねないので、正しい表現方法を覚えなければいけません。実際に、英語を使うシーンで失敗を減らすためのマナーとして英語の表現方法も学ばなければなりません。

 

英語の基礎からレベルを上げる英語学習

 

英語初心者に起こり得る失敗には、使える英単語や英文といったテンプレートをそのまま鵜呑みにして使ってしまうケースです。相手の立場や役職などビジネスで利用するには、とても危険度が増します。
 
どの英語をチョイスするべきなのかといった判断は、日本語では簡単に行えても、暗記に頼った英語では、正しい選択を行えないことが多くなります。そして、自分が何で失敗しているのかさえ気が付けないといった状況は好ましくはないでしょう。したがって、自分で英語の基礎を理解し、フォーマルな表現やカジュアルな表現を使い分けできるようにしていくことが大切になります。
 
Libertyでは、英米人の教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指せます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで「完成されたパズルを見ながらピースを組み立てていくように」英語を理解できるようになるため、英語に対する苦手意識を克服することができるようになり、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

日本の学校で教えられている英語学習レベルは決して高いものではありません。そのため、間違った英語を学んでいるケースも多いので、必然的に失敗へとつながることもあるのです。従って、ビジネスパートナーなどを不快にさせてしまう事も起こり得るのです。しっかりと正しい英語を身に付け、相手を尊敬し敬意を持ってコミュニケーションできる英語力を身に付けていくことが大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約