英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

飛び込む勇気も必要!引っ込み思案は英語の会話に加われない

2020/07/07

飛び込む勇気も必要!引っ込み思案は英語の会話に加われない

 

海外進学や海外出張をする学生や社会人の中で、人の輪に入れない引っ込み思案の方がいるのではないでしょうか。しかし、このマインドを抱えたまま海外に行くと散々な目に遭うかもしれません。英語力だけでなくコミュニケーション能力も必要な理由についてお伝えします。

 

引っ込み思案はデメリットに!

 

英語でコミュニケーションが出来るだけの英語力を身に付けたとしても、外国に行くと英会話スクールや英語学校で訓練した状況とは全く違うため、どうやって会話に入ったらいいのか分からないなどの悩みを抱え海外の生活に慣れることができなかったというケースも起こり得るのです。
 
海外で引っ込み思案な性格は必ずデメリットとなります。コミュニケーションするにも、会話の輪に臆せず飛び込まなければ、ただ聞いている人となってしまいます。
仮に、何か自分の意見を言いたい場合に、文章の構築が分からない時には、簡単な疑問形などで発言して、無理に正しい文章を構築しなくても相手は話を聞いてくれます。
 
また、分からないことがあったら、率直に聞くことも大切です。ネイティブの方などは、相手のトークレベルに合わせた語彙を選択するなど調整もしてくれます。分かっている素振りをするよりも確実にコミュニケーションを取れるので、自分のレベルに合わせてもらうことも大切なのです。

 

英語のコミュニケーションは言葉だけじゃない

 

日本人でもアイコンタクトやボディーランゲージを取り入れる方がいるように、外国人の方もコミュニケーションにアイコンタクトやボディーランゲージを多用します。
 
ハイタッチといった今の日本でも珍しくないボディーランゲージや、相手の目線を見て話すと言ったアイコンタクトはコミュニケーション能力として大切にもなりますので、自然と行えるぐらいの意気込みは必要です。
 
ボディーランゲージを取り入れると、外国人との距離も縮まり、友好的な関係が築けるため、友人も作りやすくなりますので、恥ずかしがらず慣れていきましょう。

 

まとめ

 

グローバル化の現代において英語が必要とされるシーンが増え、英語学習に励む学生や社会人の方は増えています。海外に行けば私たちが外国人ですので、会話で失敗することもありますし、ネイティブの発音などが聞き取れない事があっても、分からなければ正直に相手に聞く姿勢も大切です。外国人としてコミュニケーションを取りたいと考えるのであれば、引っ込み思案でいてはNGです。会話に飛び込み交友を深める努力も必要になります。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約