英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEICや入試試験で解答時間が足りない人の本当の解決策

2020/08/04

TOEICや入試試験で解答時間が足りない人の本当の解決策

 
TOEICや大学入試試験では問題量が多く、リスニングはテンポよく出題され解答時間が足りずハイスコア獲得ができないという人も多くいます。スピードは英語でのコミュニケーショにおいても大切となるため、根本的な解決策を講じましょう。
 

試験で時間が足りなくなる原因

 
TOEFLや英検といった民間英語試験や、大学入試で出題される英語レベルは高く、読解問題は長文であり、リスニングで次に出題される問題のスピードも何秒といったところです。
そのため、英単語や英文法一つ一つは把握できるけれど全体を理解するまでに時間が掛かり、解答時間が足りずに焦り本来の力を発揮できないというケースは多々あります。
 
そして時間短縮を図るために、長文読解問題では設問を先に読み文章から答えを導き出せる一部分のみ読む、リスニングでは事前に選択肢に目を通すといった試験テクニックを屈指して挑むことでしょう。
 
しかし、これらの方法は試験をなんとかクリアできても、外国人とのコミュニケーションでは通用しません。根本的な原因である英語能力の低さや、日本語を介入してしまう日本語英語から目を背けてはいけないのです。
 

日本語英語が生むタイムロス

 
単語や英文法の知識が低ければ一度では理解が出来ず何度も文章を読むこととなり、発音の知識がなければリスニングで手間取ることになるため、基本的なスキル強化は必須となりますが、英語を日本語に変換する回路はさらにタイムロスを生むため脱却しなくてはなりません。
 
日本語では文字を読んだり、聞くだけで瞬時に内容まで把握することはできますが、英語は読むことや聞くということに集中し、内容を理解するという別の工程が増え、さらに日本語に変換したり英語に置き換えたりといった脳内での作業を繰り返すため、時間の無駄が多くなっているのです。
 
そのため、問題集や参考書で試験テクニックを磨くのではなく、試験勉強をスタートさせる段階から日本語英語の脱却を目指す学習に励み、小手先スキルではなく実力でのハイスコア獲得を目標とすることをオススメします。
LIBERTYではグラマーテーブルを軸としたメソッド日本の学校教育では教えられなかった英語の構造や規則について学んでいただき、基礎を本物へと構築しなおします。
英語を一つの言語として受け止められるようになるため、最短で確実に飛躍的な英語力向上を可能とし、試験での高得点獲得や合格という目標を将来的にも役立つ生きた英語で達成することができます。
 

まとめ

 
解答時間が足りていないと感じている方は、その場しのぎの解決ではなく、学び直し不要な高い英語力を身に付けるためにも、根本的な問題に目を向けましょう。
目先の問題をクリアするために動くのではなく、将来を考えた選択肢を選ぶことも大切なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約