英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語力向上の個々の課題とマスターするために必要な共通課題

2020/08/05

英語力向上の個々の課題とマスターするために必要な共通課題

 
大学受験のためのTOEFL試験や、社内でのTOEIC試験といったものは、ライバルが身近にいるため他人の成績に敏感になってしまうことでしょう。他者の課題を自身の問題だと勘違いをせず、また、英語力向上に必要な共通の課題についても理解しておきましょう。
 

他人と自身の課題を分離

 
小さな頃からテストという点数で実力を測られ、成績で評価されているため、他人と比較するというのが日常化しています。当然大人になり会社に勤めれば業績として良し悪しを判断され他者と比較されていくこととなります。
 
こうした環境下で育ってきた日本人は、他人に勝つことに努め、本人も他人と照らし合わせ出来不出来を判断するようになっています。
 
しかし、英語力を必要とする理由は人それぞれであり、補足して学習が必要なスキルも異なります。また、英語力がなくても海外で英語を習得できた、聞くだけで英語が上達したといった他人の学習法を模倣して取り組んでも失敗に終わるケースが大半となります。
 
他人の課題を意識するのではなく、自身の目的達成に必要な英語力や、理想とする英語力を手にした未来の自分と比較しながら、英語学習に取り組むことをオススメします。
 

日本人に共通した課題

 
日本人がなかなか英語を習得できない理由は、構造の異なる日本語を無理やり英語に変換し、英語を難解なものへと変えてしまっているからです。
 
これは、学校教育で英語を学ぶ段階から日本語が介入した授業を行い、英語を英語として捉える取り組みを行っていないことが原因と言えます。
この課題をクリアしない限り、日本が教育改革を行ったとしても英語をマスターする日本人が育つことはないでしょう。
 
そして、この日本語脳から脱却するために重要となるのが、英語の構造や規則といった英語の基礎を知ることです。
LIBERTYではグラマーテーブルを軸としたメソッドで、学校教育では教えられることのなかった本物の英語基礎について学ぶことが出来ます。土台を作り直し英語の本質を捉えることで、日本語の介入しない英語脳構築を可能とし、日本人が苦手とする英文法の組み立てへの理解も深まります。
また、コーチング型の英語学校ですので、個々の目的達成を最重要課題とし、他者ではなく自身の目的を見失わない英語学習に取り組むことが出来ます。ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
友人との英語学習や英語学校でのグループレッスンは切磋琢磨できる環境を作りモチベーションを高める環境を作れる一方で、他者と比べ自身は英語が出来ないと卑下してしまうこともあります。
他者ではなく、将来の自身の背中を追って英語学習に取り組み、一つ一つ課題をクリアしていきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約