英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語教師を目指す人はTOEICではなく英語の質が重要

2020/08/05

英語教師を目指す人はTOEICではなく英語の質が重要

 
日本人公立英語教師のTOEICスコア平均は、日本人全体の平均点とさほど変わりはないと調査によって明らかになっていますが、教師に求められているのはTOEICスコアではありません。日本人の英語力向上のカギを握っているのは教える英語の質なのです。
 

TOEICスコアが低いのはなぜか

 
確かに英語講師となれば、基本スキルが高く留学経験が豊富であり、流暢さや表現力といった能力も優秀な方もたくさんいるため、全ての試験においてトップクラスの点数を獲得しているはずと誤解をしている方も多いでしょう。
 
当然、英語力に疑問を抱くような先生は英語スキルが低いと考えられますが、優秀な方のスコア平均が低い理由は、コミュニケーショツールとしての英語力とTOEICの英語力には少し相違点があるからです。
英語講師がTOEIC試験でハイスコアを獲得できなくてもネイティブとコミュニケーショを図れる英語力を備えている一方で、TOEICスコアが高い人がネイティブと思うように会話ができないというケースは多くあるのです。
 
TOEICはビジネス英語と呼ばれ、自らが対策学習を行わなければ点数の獲得はできません。
ネイティブがTOEICの試験を受ければ、こんな表現使わないといった意見が散見する程、特徴的でもあるのです。
また、時間配分や出題形式などを理解し、試験テクニックを身に付けていなければ難しいと考えられます。
 

英語講師に求められるのは英語の質

 
日本人が英語を習得できない理由は、通訳者を目指すように常に日本語で訳し英語を英語として捉えられずにいるからです。
英語という語学を説明するために日本語を用いらなければならないのは従順承知ではありますが、脱却方法や英語脳を養う勉強への切り替え方などを教えてあげなければ、教わる学生は日本語英語の強化に努めることとなります。
 
しかし日本語英語をマスターしている講師や、海外留学などを経て英語を体得した方などは英語の構造や規則性といった英語の基礎について知っている方も少なく、教えることは困難とも言えます。
そして、この基礎は英語脳を養うために重要な土台構築の役割を担っており、英語が難しいといった苦手意識を取り払う効果もあります。
 
LIBERTYではTESOL教育の最高峰であるコロンビア大学ティーチャーズカレッジでも独自性が認められ評価されているグラマーテーブルにより、究極ともいえる本物の英語基礎について学んでいただきます。
自らが知らなければ生徒に教えることはできません。英語の根底から英語という語学を理解したい方、英語難民を増やさない教育を行いたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
教育改革により英語に触れる時間は増えましたが、質が変わらなければ「日本人は英語ができない」という外国からの酷評は変わることはないでしょう。
日本人が英語を学びたいと興味を抱き、正しい学習を行い英語が習得できるかは学校教育がカギとも言えるのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約