英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語テストにおける利益を生み出すことが出来ないカンニング

2020/09/06

英語テストにおける利益を生み出すことが出来ないカンニング

 
新型コロナウイルスの影響により、民間英語試験しかり大学の試験もオンラインで行われているケースが多くなっています。3密を防ぐために取り組んでいる学生の中には、良からぬことを考える方もいるようです。しかし、英語テストにおける利益を生み出すことが出来ないカンニングについてお伝えします。
 

カンニングして何を得る?

 
良い点が取りたい、良い成績を残したいと考える学生は世の中に多くいます。
それも、良い大学に進学したい。良い会社に就職したい。良い就職先で働きたい。といった願いから学業に励むのですが、その成績を出すテストで良いスコアを残さなければいけないといった印象が強いものです。
 
確かに、成績が悪ければはじかれてしまう企業もありますが、実際に就職の面接を請け負う担当者からすれば成績よりもコミュニケーション能力や秀でた才能がある学生の方が好ましいといった印象が強いこともあるのです。
 
そのため、現在オンラインによる民間英語試験や大学内でのテストでカンニング行為を働き良いスコアを取ろうと模索している学生に忠告します。カンニングして得られるものはありません。仮にバレた時の代償を考えましょう。出来る出来ないよりも、性善説になりますが退学や休学になった方が企業への心象は悪くなります。人生を大事にするのであれば、しっかりと自身の身になるスキル・知識を養う努力をしましょう。
 

ペーパーテストでカンニングしてどうするの?

 
英語は特に良い例です。英語力で採用を図る企業にとっては、スコアはあくまで指標でしかなく、ペーパーテストで幾らハイスコアを獲得しようと、実力がなければ採用することは難しいと言えるでしょう。
 
企業によっても、英語の価値は違いますが、今求められている英語力というのは対人との対話が行えるコミュニケーション能力として役立つ英語力です。しかもビジネスシーンで役立つ英語力ですので、ペーパーテストでハイスコアを誇ろうと使えない英語力には見向きもしないのです。そのため、英語テストでカンニングしても無意味だということを理解しておきましょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
カンニングしてスコアアップを目指すというのは、浅はかな考えです。大人になるとそれがいかに万策であり、無意味で無価値なものだと知ることになります。自分自身が誇れる能力を身に付け仕事に励むことによりキャリアアップを成功させるなどのチャンスを得られるため、自分の知識を深める学習に励むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約