英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

耳からトレーニングするのも大事?英語力アップのカギは耳

2020/09/06

耳からトレーニングするのも大事?英語力アップのカギは耳

 
英語学習をする学生や社会人の方で、単語や文法を暗記していく勉強を主体に行う傾向にありますが、使える英語を養っていくには耳のトレーニングも重要となります。今回は、耳からトレーニングするのも大事?英語力アップのカギは耳についてお伝えします。
 

相手の情報を司る耳について

 
外国人と対面した際に、道を聞かれたとしたらどこに集中しますか?相手の言葉を聞く耳ですよね。英語で大切なリスニング能力の向上はとても重要でもあります。
日本でも地方などに行くと訛りや方言と言った物があり、聞き取るのが困難といった状況も起こる様に、人とコミュニケーションを図るためには、文法、単語、熟語といった最低限の知識は必要となりますが、相手の質問を聞き取る能力が重要となります。
 
相手の言葉を聞き取れなければ、まず会話は成立しません。
日本国内で外国人に話しかけられて困ったという人は多いのではないでしょうか。何を言っているのか分からない。確かに、英語への苦手意識が強い日本人には起こり得る状況ですが、この情報をつかさどる耳(リスニング)を鍛えないことには、高い英語力を身に付けることは難しいと言えるのです。
 
そして、耳を鍛える方法は数多くあり、海外のニュースや映画など豊富な教材は現代の日本には沢山あります。最初の内は聞き流しても何を言っているのか分からないことが多いため、呪文を唱えている感覚にも捉われるでしょうが、集中して半年間でも続けていると自身にも聞こえてくるワードが出てきます。
 

リズム感を養うことにもなる耳

 
英語の文章を作る際に、文法は正しくても相手に聞き取りにくい文章構成といったものがあります。高い英語力を養っている方やネイティブの方に話しかけると、相手が聞き直したり理解されないといった事が起こります。
 
日本語にも話し言葉と書き言葉といった物があるように、聞き取りやすい文章でも書き言葉にすると違った言葉に直すといったようなことが起こります。英語でもそういった状況というのは起こり得るのです。相手が聞き取りやすいと感じる、リズム感のある文章の構成を意識した英語力といったことにも気を配らなければなりません。
 
LIBERTYでは、英米人のエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基盤ともなる構造や規則を理解し、英語の核が鍛えられることによって、英語4技能が強化されていきます。
 

まとめ

 
英語学習において、リーディングやスピーキングに特化した学習に取り組む方は多いですが、聞く耳を高めることも大切です。相手の言葉が分からなければ、コミュニケーションを図ることも難しいですし、自身の発音の相違にも気が付くのに苦労します。そのため、しっかりとリスニング能力も高めていくことにより、高い英語力を養っていくことが可能となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約