英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

日本人が英語ができない・話せない本当の理由とは!

2020/09/06

日本人が英語ができない・話せない本当の理由とは!

 
世界的にグローバル化が進み、義務教育課程で英語と接する機会があるにも拘らず、大学を卒業しても英語を話すことができない人が多くいます。今回は、日本人が英語ができない・話せない本当の理由についてお伝えいたします。
 

学校教育の英語について

 
日本の中学・高校で行われる英語学習法は「訳読方式」という方法で授業を行っています。訳読方式とは、文法を重視し、訳して読解する方法です。
 
社会人の方は過去の英語学習について思い返してみてください。
英語の授業で、教科書や黒板に書かれた英文をひたすら訳し、単語や文法を覚える授業がおおよその学校教育だったはずです。
 
この訳読方式は、英語を英語として捉える英語脳を養う学習ではなく、日本語という構造体の上に無理やり英語を組み立てようとする日本人英語を強化することになるため、英語の本質を複雑化してしまった状況なのです。
 
現在、日本で必要とされている英語力というのは、外国人とコミュニケーションを図ることのできる本物の英語力であって、訳読方式で養う英語力ではないのです。
 

英語を話せなくても困らない環境?

 
日本人が英語を話せなくても困らないという状況は、世界的に見ても格差があるとはいえ経済破綻間近の国ではないため、英語を話せなくても困らないといった要因を生み出しています。
 
しかし、東京や京都・大阪などには外国人観光客が増えている好材料だけでなく、日本が抱える少子高齢化社会に日本人労働者の減少による海外労働者の増加などが予測されている状況で、日本人の語学力が向上しないのは芳しくないと考えられています。
 
そして、2020年の教育改革により英語科目の見直しやグローバル人材育成が推し進められることにもなりました。
 
しかし、現在の状況では、国が望む教育ができるだけの人材は揃っていないと言えるでしょう。今まで培ってきた日本語英語から、路線変更を言い渡された教員が、そう簡単に授業要項を準ずるのは簡単ではないのです。そして、授業を受ける生徒にとっても、この変化に付いて行くのは大変困難な話でもあり、英語が話せなくても良いといった感情を抱える学生が増えてしまうと、日本の経済的にもデメリットでしかないのです。
 
しかし逆に考えれば、英語スキルを習得することによりチャンスは広がるということも考えられるのです。

LIBERTYでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドで英語の基盤となる規則や構造を理解し、英語の核を強化することで、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力を向上させ、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指せます。
 

まとめ

 
日本の学校教育が行てきた、訳読方式では英語堪能なグロバール人材を生み出すことは出来ませんでした。そして、2020年の教育改革により英語科目が改変され英語力の高い人材を生み出そうとする取り組みが始まっています。しかし、学校や教員レベルには差があるため、使える英語を習得するには時間がかかることでしょう。
そのため、高い英語力を備えることで生まれるチャンスがあるため、本格的な英語学習に取り組むことをおすすめいたします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約