英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

グローバル化に適した人材に!私立医学部進学に必要となる英語力

2020/10/04

グローバル化に適した人材に!私立医学部進学に必要となる英語力

 
グローバル化が進む日本において、外国人労働者や在留外国人は増えていることもあり、病院などでも英語力が求められるシーンが増えています。医師を志す学生にとって語学力を高めグローバル化に適した人材に成長しなければなりません。今回は、私立医学部進学に必要となる英語力についてお伝えします。

 

日本の私立医学部について

 

日本の医学部も数多くあり、国立大学の医学部は倍率が高く進学が難しいものです。また、私立大学の学費は高いのですが、初年度から実習があることで医師として働く意識を高められるメリットもあります。
 
特に、私立大医学部御三家と称される名門の日本医科大学医学部、慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学への進学希望者は多く、偏差値も高く倍率も高い状況で、医学部進学を目指す学生にとっては、人の役に立つ職業に就きたいなどの目的が明確になっていることもあるため、技術や経験を身に付けなければなりません。
 
また、現代の日本ではグローバル化によって、外国人が病院に来院するケースも増えていることもあり、語学力もしっかり高めていかなければならない現状があるのです。語学によって生まれるトラブルも起こっているので、高い英語力を身に付けることも医師としての将来の幅が広がるため語学力を強化することも大事なポイントとなっています。

 

医学部の学生に必要となる英語力

 

大学進学の際には、一般的な経済学部などと同程度の英語力で進学はできますが、将来の職場で英語を多用する可能性が高い医学の世界において、英語力が低いままでは苦労する方が増えることが予測されます。
 
国際的な学会などで論文を発表する場合や、外国人の患者さんを診察する際には、完璧な英語力が必要となることでしょう。学生時代から英語力を高めることも大切ですので、英語に苦手意識がある学生は、早期対策を講じることをおすすめします。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムを用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基盤となる構造や規則を体系的に理解することで、英語の核が強化されListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

人を助ける医学の世界に足を踏み入れる学生にとっては、豊富な知識や高い技術力が求められるだけでなく、患者さんを安心させられるコミュニケーション能力も重要となってきます。また、現代のグローバル化によって語学力も求められているため、医学だけでなく幅広い知識や経験を蓄える必要性のある職業です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約