英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

医学部受験の攻略法よりも大切な患者さんの支えになる英語力

2020/10/04

医学部受験の攻略法よりも大切な患者さんの支えになる英語力

 
今の日本には、海外から仕事に来る外国人労働者が増えていることもあり、医療施設においても外国人の方とコミュニケーションを図る機会が増えています。学生にとっては、医学部受験の攻略法に目が行くかもしれませんが、将来的なことを考え患者さんの支えになる英語力向上も大切なのです。

 

医療施設に足を運ぶ外国人の増加

 

人間は体が資本ですので、体調を崩さずに生活を送れることが幸せなことですが、体調を崩してしまう事は誰にでも起こり得ることです。それが、軽い病気や重度な病であっても心配になるもの。そんな病から救ってくれるのが医師になります。
 
人の役に立つ職業として最も活躍する医療現場で働く人たちは、世界で最も重要な役割を担っているといっても過言ではありません。そんな職業に夢を抱く学生にとっては、医学部受験は人生を掛けた戦いといってもいいでしょう。
 
学生にとって合否の瀬戸際や、合格ラインに乗っていると確信していたとしても、合格発表までは気が気ではありません。しかし、合格後は医学の知識や技術を高めるためにも、必死に勉強し続けなければならないのですが、現代社会において語学力・英語力の強化も大切なのです。
 
グローバル化によって日本には多くの外国人労働者がいて、その方々が日本語を完璧に理解できるというわけではありません。そのため、医療の現場で外国人に伝わる語学力を備えた人材は貴重なのです。合格ラインに乗るための英語学習ではなく、人を安心させられる英語力を身に付けることも考えていかなければいけません。

 

国際的な医療従事者不足

 

医者に看護師にケアマネージャーなど多くの医療従事者が必要とされています。しかし、その知識や技術は一長一短で養われるものではないため、どの国においても医療従事者不足が問題となっているのです。
 
確かに、プロスポーツ選手のような報酬を貰わずに、人命を救助し激務となることから敬遠されてしまうこともありますが、人を救う限られた職業ですので一人でも多くの人を助けたいと考える方には成功して欲しいものです。
 
そして、国際化の現代において大切な語学力の面で苦戦している学生は、正しい英語学習に取り組み英語力を向上させてみてはいかがでしょうか。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語ネイティブが感覚的に捉えている英語を体系的に身につけることで、教養あるエリート層の完成された英語を身に付けることができます。

 

まとめ

 

医学部進学を目指す学生にとっての英語は受験科目の一つかもしれませんが、将来的に人を安心させられる立派なスキルの一つとして役立つことになります。国際的な舞台に上ることや論文を発信するためにも英語力は必要となりますので、スコアアップばかりに気をとられず、相手にしっかりと伝わる英語習得を目指すことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約