英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語耳を養うことが大切?語学力の高い東京外語大学への進学

2020/10/04

英語耳を養うことが大切?語学力の高い東京外語大学への進学

 
グローバル化が進む現代において語学力ほど、どんな企業でも欲しがられる能力はないでしょう。また、国際舞台で活躍するためにも必須となるスキルなのです。そして、東京外語大学の様なレベルの高い外語大学への進学も視野に入れる学生は、英語力向上のために英語耳を養うことも大切な理由についてお伝えします。

 

現代社会における語学力の重要性

 

グローバルな時代が押し進む現代において、語学力は最大の武器であり、基本スペックでもあるのです。語学力がなければ当然ですが、海外での活躍は見込めない。企業であれば、海外に打って出ることすら難しいのです。
 
現在は先進国が発展途上国でビジネス展開を進め利益を上げ、発展途上国の経済を活発にさせるといった動きが当たり前のように起こっています。日本も海外に支社や海外派遣を行い発展途上国のサポートをしていますが、限られた企業だけに収まっています。
 
語学力の低い日本が出遅れていることは周知の事実であり、グローバル人材育成を押し進めるきっかけにもなっているのです。そのため、学生は国際的な社会で活躍するための語学力向上が求められ、外国人と対等に交渉するコミュニケーション能力を身に付けなければいけません。

 

東京外語大学への進学のカギは英語耳?

 

日本国内で有数の外語大学である東京外語大学は、英語学習だけでなく中国語やロシア語と言ったビジネスシーンで活用できる語学習得を目指すことのできる人気大学です。
 
しかし、進学するためには高い英語力がなければ合格することは難しく、一般入試ではリスニング能力が低いとかなり苦しい状況になります。
 
東京外国語大学の英語試験は150分構成で、リスニング試験が25分間、筆記が120分程度といった配分で行われます。長文や自由英作文も難題ですが、リスニング試験をクリアするためには、英語を聞き逃さない英語耳を養わなければいけません。日本人が暗記して対応する筆記試験とは違い、自身の知識量や英語を聴き分ける能力が必要となるため、英語への慣れが重要な課題なのです。
 
英語を聴きとるには、多くのスピーチや洋画などで聞き取りの練習をするだけではいけません。しっかりと英語の構造を理解することや語彙力も必要となりますので、総合力が低ければリスニング試験をクリアすることはできないでしょう。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基盤となる構造や規則を体系的に理解することによって、英語の核が強化されListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

外国語を必要とする企業が増えた国際化の社会で活躍するには、高い語学力を身に付ける必要性があります。東京外語大学などの語学大学では、英語学習などの言語教育に特化している分、グローバル人材として必要な能力を高められる大学でもあります。
ただし、入学前から高い英語力が必要となるため、暗記学習で乗り切るのではなく英語の総合力を向上させ使える英語に昇華させ挑戦することが大切なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約