英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

高い英語力が求められる就職を目指す学生に必要な経験

2020/10/04

高い英語力が求められる就職を目指す学生に必要な経験

 
大学・大学院卒業後に、社会に羽ばたく学生にとって高い英語力が求められる就職先を選んだ場合には、どのような経験が必要か不安に感じることもあるでしょう。現代社会において必要とされる英語力などの能力についてお伝えします。

 

国際化を見据える学生に必要な能力

 

現代の社会では国際化が押し進み、高い英語力が求められる海外営業や国際弁護士など
の職種に付く方も増えています。海外を股にかけて飛び交うため、さまざまな経験を積むことが出来る魅力的な仕事である一方で、他国の文化や歴史に国民性などに精通する必要性もあるのです。
 
また、国際的な舞台で活躍するためには、異文化コミュニケーション能力も高くなければいけませんので、学生時代に多くの海外経験や海外についての学習を進めなければいけません。
 
多くの事を学ばなければならないこともあり、時間を無駄にしていられないと考える学生にとっては留学や海外進学で成長を促そうと考えるケースは少なくはありませんが、挑戦するには大学選びなども重要になります。しっかりと目的意識を持って進学することも大事ですので、将来から逆算しましょう。自分像がどうありたい・どうなりたいという考えは成長において大切なポイントにもなりますので、将来について考えてみましょう。

 

国際舞台で必要な語学力

 

語学力で必要なのは、語彙力や単語力といったボキャブラリーを増やすことが大切だと考えるケースは日本人にとても多いのですが、実際にボキャブラリーを増やしても英語が話せないといった人が大半です。
 
これもTOEICで結果を残せても、外国人との対話はからっきしという原理と同じなのです。
暗記力が高いだけでは、語学を使いこなすことは出来ません。覚えた知識を使いこなせなければ、話すことは出来ませんしコミュニケーションといった複雑な対話を滞りなく行うことは難しいのです。
 
語学には規則や構造と言った疎かにしてはいけない概念があります。
英語においても規則や構造といった基盤を理解せずに、文法や単語を沢山覚えたところで、英文を構築する能力が低ければ、英語への苦手意識は払拭出来ません。国際舞台で恥ずかしくない語学力習得を目指すことが第一ですが、暗記ばかりでは能力向上に繋がらないことを知ってください。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解し、英語の核が強化されることによって、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。

 

まとめ

 

国際的な舞台や高い英語力で成功したいと考える学生は増えています。日本の大学でも、英語を重視した学習法などを取り入れたリベラルアーツ教育が浸透しつつありますので、グローバル化に適した人材になるためにも、高い英語力を若いうちから身に付けようと英語学習に取り組むことは悪いことではありません。将来の幅を広げるためにも本格的な英語を身に付けましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約