英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

リーディングセクションは実は難しい。苦手意識を持つ理由

2020/11/05

リーディングセクションは実は難しい。苦手意識を持つ理由

 
中学校や高校の定期テストでは、リスニングやライティングよりもリーディングでスコアが取れたため、読むことは得意で一番簡単なスキルだと誤解を抱く人はいます。しかしTOEIC試験などでは難しいと感じ苦手意識が生まれるスキルでもあるのです。
 

リーディングスキルのレベルの差

 
中学校や高校の中間テスト・期末テストで出題されるのは、教科書範囲内であり、復習や予習すべき範囲もおおよそ検討が付きます。
さらに英語の難易度も低く、今まで教わることのなかった英文法などの知識や応用問題が出題されることも少ない傾向にあります。
 
しかし大学受験やTOEICなどの英語民間試験では、広範囲の対策が必要となり、高度な英語力の要求に加え膨大な量の英単語や英文法を読むこととなり、学校の定期テストのように単語で文章をなんとなく読解できるというレベルではないのです。
そして、読むだけではなく内容を理解するまでがリーディングスキルと呼ばれるため、さらに学校テストとのレベル差に困惑することとなり、本格的に英語学習を行うにあたりリーディングが難しいと思い知らされてしまうのです。
 

リーディングスキルの苦手の原因

 
リーディングスキルにおいても難しいと感じる原因をいくつか分散させて考えていくことができます。
 
リーディングではスピーキングやライティングと異なり、自らの知識範囲内から暗記したフレーズや簡単な英語を選択することはできません。
そのため、英単語の知識が浅ければ読むことが出来ませんし、英文法の語彙力が低ければ応用問題で意味の捉え違いが起こり要点を理解できなくなってしまいます。
 
また、Listening/Speaking/Reading/Writing英語4技能の能力向上の足枷となる日本語変換の癖が根付いている方は、読む速度が遅くなり、変換作業に集中力が割かれ長文を読むのに労力が倍以上必要となります。
長文を読むという行為は日本語でも眠気を誘うなど、ただでさえ集中力を保つことが難しいことでもあり、集中力が欠落してしまえば本来の力を発揮することが出来ず、英語試験でもスコアを落としかねません。
 

まとめ

 
読むという行為は日本語であっても、普段から読書をしている方とそうでない人でも読む速度や読解力に差が生まれるものです。
英語であれば、なおさら苦手意識が強まってしまうことでしょう。
そのため、問題集や参考書での対策だけではなく常日頃から英字ニュースや本を読み耐性を付けておくこともオススメです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約