英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語学校に通えば能力が向上するという考えでは成果はでない

2020/11/05

英語学校に通えば能力が向上するという考えでは成果はでない

 
都心を歩けば英語学校は目に留まる程に存在していますが、世界的に見て日本人の英語力が低いのは変わらない状況です。スクールに通い効果的に上達する学習者もいますが、英会話に足を運べば話せるようになる、能力が向上するという考えでは成果を得ることはできません。
 

受け身のままでは成果はでない

 
同じスクールに通っていても英語能力向上に各々で振れ幅があるのは、英語のセンスがないと考える方も中にはいる事でしょう。
しかし、帰宅後の自習時間量の違いや自己分析による弱点部分の洗い出しといった、英語学習に対しての積極性や思いの違いが大きな原因とも言えます。
 
学びたいという思いが強ければ、英語学習の姿勢も異なります。
英語を日常化する取り組みや、外国人と接して実践に充てる学習方法を取り入れるなどして、常に英語と隣り合わせの生活を心がけている人もいることでしょう。
 
英語学校に通うというのも積極性とつながりがあるかもしれません。
しかし英会話スクールなどの英語力向上をサポートする学校では、講師が模範となる回答を示したり、講師が説明して受け止めるスタイルなど、生徒が受け身となる指導方法が用いられています。その場では正誤が分かり表現方法が増えるため英語力上達の成果を得られた気分になりますが、つかの間の喜びです。
 

質が向上しない英語学校

 
ネット社会の現代では、無料の英語学習アプリやYouTube動画での英語学習など、わざわざお金を払い英語学校に通わずとも英語を学ぶ方法が増え、英会話スクールなどの英語学校では、授業や講師の質向上よりも生徒獲得に勤しむ教室も多いことでしょう。
 
そのため、一向に学校授業の延長のようなカリキュラムから抜け出す気配がなく、暗記型の詰め込み式学習を遂行しているため、ある程度の難易度の試験目標は達成できたとしてもネイティブと交流の図れる生きた英語力を備えた日本人が増えることはありません。
 
英語の授業で苦手意識を抱き、英語力が向上しなかったのにも拘らず、再度同様のスタイルの学習方法を取り入れても、英語が上達しないと同じ過ちを繰り返し悩むこととなるでしょう。
 
しかし、安心してください。そんな英語学校ばかりではありません。
LIBERTYではグラマーテーブルを軸とした独自のメソッドで、学校教育では教えられることのなかった本物の英語基礎について学んでいただきます。英語の構造や規則性といった本質から理解することで、苦手意識の払拭も可能とし、日本人が難しいと感じている英文法の組み立てへの理解も深まります。
また、コーチング型の英語学校ですので、生徒に寄り添い個々の目的達成を最重要課題とした英語学校になります。
 

まとめ

 
質の良い英語学校に通ったとしても、与えられたものをこなすだけでは効率的に英語力を向上させることはできませんが、質の高い英語学校を探すのも難しいと感じていることでしょう。そういった場合は口コミ評価だけを頼るのではなく、無料レッスンに積極的に参加して、自身のレベルや取り組み方に合った英語学校を選んでいくことをオススメします。
 
また、LIBERTYでも無料カウンセリングを実施しております。
英語力が向上しないと悩む学習者はもちろんですが、ネイティブと同等の高い英語力を求めている、他学校では期日までに目標の英語力に到達しないと言われてしまった。回り道することなく確実に本格的な英語力を習得したいなど、英語に関するお悩みを抱えている方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約