英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

横浜国立大学などの理工学部でも英語力が必要とされる理由

2020/11/05

横浜国立大学などの理工学部でも英語力が必要とされる理由

 
理工学部は、現代社会の発展に繋がる自然科学に関わる研究および教育を実践する場です。理学・工学の各分野は様々な知識を要することにもなるため、学生にとっての成長は世界へ影響する力となるでしょう。そんな横浜国立大学などの理工学部でも英語力が必要とされる理由についてお伝えします。
 

横浜国立大学などの理工学部について

 
理工学部と聞くと法学部や医学部と似たインテリといった印象を持つ方が多いのではないでしょうか。確かに、これらの学部に入学するには、高い学力がなければ進学は困難となります。そして、横浜国立大学などの理学部に進学することで得られる知識や教養を消化するには、学問に真剣に取り組める学生でなければ将来役立たせることは困難となる情報ばかりであるのも確かなのです。
 
機械・材料・海洋系や化学・生命系に数物・電子情報系など様々な分野の専門的な教育を受けられるカリキュラムを組んでいるため、技術者・工学系研究者としての知識を蓄えることができます。
 
国際的な社会においても、最先端の技術開発やバイオテクノロジーを操れる人材を欲している企業や団体は数多くあることもあり、国内・国外その状況は変わらないのです。自身の活躍の場を見い出すためには、高い知識や教養を育むことは大切だと言えるでしょう。
 

理工学部でも高い英語力が必要となる理由

 
様々な知識を操る理工学部で学業に励む際に、英語と言う難題に進路を阻まれる学生がいます。国内外の大学院へ進学する際など、さらなる成長を考える場合には語学力も試されるケースが多く、語学力に難があると大学卒業後に自身が考える進路を選択できないこともあるのです。
 
そのため、専門的な分野の学業と合わせて英語学習をする必要性があるのです。
しかし、日本の学校教育だけでは英語力が向上せずに苦戦する学生や社会人も多いことから、英語への苦手意識が強い方が大勢います。これが現代の日本人が抱えている問題の一つともされています。
 
グローバル化の世の中において、英語力が低ければ国際舞台への扉は閉ざされてしまうため、語学コミュニケーションスキルを向上させる取り組みを真剣に行うことをおすすめします。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化されListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。
 

まとめ

 
生活を豊かにする化学や技術の向上を支える学者や技術者への成長を促す理工学部では、高い知識や教養を身に付けることができます。そして、その能力を国内のみならず海外でも発信するためには語学力の向上も必要となるため、語学レベル向上も目指し現代社会にフィットする人材成長を目指すことが大切だということを忘れてはいけません。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約