英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

国際社会が求める英語力と日本人が感じている英語の難しさ

2020/11/06

国際社会が求める英語力と日本人が感じている英語の難しさ

 
国際社会が求める英語力とは?いったいどれぐらいのレベルの英語力があれば良しとされるのでしょう。現在、グローバル化によって英語への注目は高まっていますが、日本人が感じている英語の難しさをクリアするためには何が必要かお伝えします。
 

国際社会が求める英語力

 
グローバルな現代において英語の重要性は年々高まっています。大企業だけでなく、中小企業や小売業に個人事業主の間であっても、語学力の向上は利益や経営にかかわる重要なポイントとされているのです。
 
日本人が考える英語力というのは、TOEICの800点以上やTOEFLの90点といった目に見えた結果が大切だとされていましたが、実際にはグローバルな社会で対人との言語コミュニケーションがどこまで行えるかが重要だとされるようになっています。
 
いくら良い点が取れても、商談ができない、コミュニケーションが図れない、このような英語力では現代社会にはそぐわないということになります。そのため、海外留学などを経験し外国語習得を目指す学生も増えていますし、英会話教室に通う社会人も増加しています。対話できない英語力は意味がないという状況になったと言えるのです。
 

日本人が感じる英語の難しさ

 
日本人の英語学習の基本は暗記です。単語を沢山覚える、文法はこういったものを暗記し続ける勉強です。しかし、暗記した知識をアウトプットする方法に関しては例文以外は教えてくれません。各自で理解しましょうという学習が主流になっています。これでは、何年かかっても英語をマスターすることは困難です。
 
当然ですが、英語にも基礎があります。
正しい構築をしなければ、相手に言葉を伝えることはできません。単語や文法といった情報を正しく使いこなすための理解力がないままでは、暗記した情報を正しく使いこなせるはずがありません。
 
日本の学校教育や総合塾では、テストに出そうな部分を教えたり暗記させることは得意ですが、英語の正しい使い方は教えてくれません。何十年も英語学習はこれで良いとされていました。日本人が英語が難しいと感じる理由は、答えを導き出せない情報の詰め込み式の学習ばかりに捉われていたことが原因です。
 
LIBERTYでは、英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、回り道することなく、最短距離でネイティブレベルの英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
国際的な現代において語学力の重要性は高まっています。どのような職業においても語学コミュニケーションスキル向上の必要性を感じていることもあり、英語への取り組みを行う方は増えていますが、なかなか結果がでないというケースが大半です。
学校教育で学んだ英語学習法の延長線上を続けていても、英語習得のチャンスはやってきません。英語の基礎となる構造や規則と言った概念をしっかりと理解することが大事であることを知りましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約