英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

初心者が意識するのは話す速度ではなく英語の理解力の早さ

2020/11/06

初心者が意識するのは話す速度ではなく英語の理解力の早さ

 
英語を母国語とするネイティブは英語の話す速度が早く、リスニングやスピーキングでスピードを意識した取り組みを行う初心者や一から英語勉強に励む社会人もいることでしょう。しかし、話す速度よりも重要となる「はやさ」は理解力にあるのです。
 

自分の首を絞める速度意識

 
英語を流暢に操れるということは英語の話す速度が大切だと思い込んでしまう初心者の方は意外にも多いのではないでしょうか。
遅いよりも速い方が良いというのは妥当な意見でもありますが、基本的な英語技能が低い初心者にとって、最初に目指すべきポイントではありません。
特にスピーキングにおいて速くを意識し過ぎれば自分の首を絞める事にもなり兼ねないのです。
 
伝わる英語を話すためには、正確な文章構築や発音といった知識や技術が必要となります。しかし、それらを無視して早口で話すことを重要視してしまえば、当然ながら相手にとって聞き取りづらい英語となるわけで、話していて苦痛に感じるコミュニケーションとなるでしょう。また、急いでいるのかと勘違いされれば相手の会話スピードも速くなる恐れがあるため、リスニングの難易度を上げてしまうことにもなり得るのです。
 
ゆっくりと話すことで、英語のリズムやイントネーションなど発音に意識を向けることもでき、英文法の構築や単語の思い出しといった時間の余裕も生まれるため、英語力が低い学習者は速さよりも英語の質を目標とすることが大切です。
 

英語の質を上げる早さ

 
初心者にとって英語の質を高めてくれるのは話す速さではなく、内容を理解する早さになります。
この理解する早さに意識を向けた学習を行うことで、正確に文章を構築する能力、相手の伝えたい意思を捉える力、レスポンスの早さなどに影響を与え、英語の質が向上していきます。
 
そして、そのために必要となるのが、英語の構造や規則性といった基礎を身に付け、日本語のルールに無理やり当てはめてしまう日本語英語の脱却になります。
 
LIBERTYでは、グラーマーテーブルを軸とした独自のメソッドで究極とも言える英語基礎を学んでいただきます。英語の本質を理解することで、英語への苦手意識の払拭を可能とし、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の強化に繫がり、暗記ではカバーできない能力の向上を目指すことができます。
 

まとめ

 
実力がないまま英語の話すスピードを無理やり速める行為は、自身にとってプラスに働くことはありません。初心者にとって速く話すという目標は、今科すべき内容ではないのです。
英語学習のハードルを自身で上げて英語が難しいと思い込まないように、レベルに見合った適切な学習方法を選択していきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約