英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

新たな英語知識や応用力を追い求めるよりも基本強化を追求

2020/11/06

新たな英語知識や応用力を追い求めるよりも基本強化を追求

 
英語初心者の方に多くみられる学習傾向が、基本能力が低いにも拘らず新たな英語知識や応用を追い求めてしまうことです。正しい学習方法が知らないが故の選択でしょうが、これでは知っている知識で留まり、使えるに昇華させることが難しくもなってしまいます。
 

英語を知っているだけの知識

 
英語を操るために英単語や英文法の知識量に応用力というものは大切になるため、知識を蓄えることは大切となります。
しかし一体どこまで覚えればよいのか。そう疑問を抱きつつも知識量が豊富なことに越したことはないと新たな知識を得ることに励んではいないでしょうか。
 
TOEICやTOEFLといった試験での必要単語や英文法量と比較すると、ネイティブが日常会話で使用する英語数は少なく、簡単な文法を用いて会話することが一般的です。
難しい単語や英文法を覚えなくても、簡単な英語でも構文知識があればネイティブと会話することが出来るのです。
 
そのため、基本が出来ていない状況で次へ次へとステップを重ねても、能力が追い付きません。これでは知っている英語ばかりが増え使いこなすことができないため、英語が難しいといった感情が芽生えて当たり前とも言えるのです。
 

基本強化の前に基礎知識

 
応用の前に基本。基本をさかのぼると英語にも基礎というものがあります。
これは学校教育では教わることのなかったものであり、土台となる基礎を飛ばして英語習得を目指している日本人が英語習得に失敗を重ねたり、なかなか習得できずに各国から見て英語力が低いと言われて当然の結果とも言えます。
 
ではなぜ学校では教えてくれなかったのでしょうか。答えは単純明白です。
教える側の先生も大学受験や英語民間試験を小手先スキルで突破した方や、海外留学を経て感覚で英語力を養った方がほとんどで、英語の基礎というものを知らないからです。
もちろん総合塾や英語学校で働く講師も基礎を知っている人は限りなくゼロに等しく、スクールに通っても英語をマスターできないという学習者が多いのです。
 
しかし、ご安心ください。
英語の構造や規則性といった本物の英語基礎はLIBERTYのグラーマーテーブルを軸とした独自のメソッドで身に付けることが出来ます。
英語の本質を理解することで、難解と感じていた英語の組み立ても行えるようになり、難しいや苦手といったマイナスイメージを払拭することが可能となります。
 
また、日本語を英語に変換して考える、日本人の英語習得の足枷となっている日本語英語から脱却し、最短で確実にネイティブと同等の高い英語力を身に付けることもできるようになります。
英語力向上に悩みを抱えている方、使える英語力を養いたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
試験はクリアできるけれどネイティブとコミュニケーションを図ることのできない英語力。ネイティブより知っている単語は多いけれど、使えない英語力など、誤った学校英語教育や情報の氾濫により、日本人は正しい学習方法を見つけることが難しくもなっています。
基本が使えなければ、応用知識を得たとしても使いこなすことはできませんので、次のレベルに進む前に基本能力強化に努めることをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約