英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

世界トップクラスのカリフォルニア大学群について

2020/11/06

世界トップクラスのカリフォルニア大学群について

 
日本人の留学生も数多く進学先として選ぶことのあるカリフォルニア大学。世界トップクラスの大学として有名ですが、カリフォルニア大学と名の付く大学群は10校もあるのです。今回は、カリフォルニア大学群についてお伝えします。
 

カリフォルニア大学について

 
カリフォルニア大学は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本部を置く州立大学です。
10の大学からなるアメリカ最大規模の大学群で、日本人の留学希望先としても上げられる大学であり、高い英知を養うことができることでも有名。
 
カリフォルニア大学の10校は、各キャンパスそれぞれ独立運営される別の大学ですので、カリフォルニア大学バークレー校やカリフォルニア大学ロサンゼルス校は別大学として経営されています。
 
・カリフォルニア大学バークレー校
・カリフォルニア大学サンフランシスコ校
・カリフォルニア大学ロサンゼルス校
・カリフォルニア大学サンタバーバラ校
・カリフォルニア大学リバーサイド校
・カリフォルニア大学デービス校
・カリフォルニア大学サンディエゴ校
・カリフォルニア大学アーバイン校
・カリフォルニア大学サンタクルーズ校
・カリフォルニア大学マーセド校
 
この大学群の内、サンフランシスコ校のみが医学系大学院大学であるがそれ以外は、総合大学となっています。日本人でも、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)といった海外大学名を聞いたことのあるケースはあるでしょう。
 
また、アメリカの中でもトップクラスのランキングとして評価されることもあるため、世界各地域の学界や政界に財界でも影響を及ぼす存在とされ注目されているのです。
 

トップクラス大学への留学について

 
カリフォルニア大学やハーバード大学といった、誰しもが一度は耳にしたことのあるような大学への進学を目指す日本人の学生も少なくはありません。しかし、その壁は非常に高く簡単に留学出来るものではありません。
 
TOEFLのスコアやエッセイを提出しなければならないため、専門的な能力が高いだけでは必ずしも合格できるとは限らないのです。日本人にとって留学で一番問題となるのが語学力です。言語コミュニケーションスキルの低い日本人には、ハードルが高い問題となるため留学を決心しても合格に至らないケースは非常に多いため、通用する英語力を養わなければならないのです。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することで、英語の核が強化されListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。
 

まとめ

 
カリフォルニア大学は非常に人気の高い海外大学ですので、日本人で留学を目指す学生の目標とされる大学の一つです。高い英知を養える大学として世界中のエリートが集まる学校でもあるため簡単に合格できるとは言えませんが、語学力がネックとなり合格に至らない学生は、日本国内で高い英語力を養い挑戦してみることも大切です。グローバル人材としての成長と経験を積むには最適な大学だと言えるでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約