英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

中央大学国際経営学部への進学や国際舞台で必要となる英語力

2020/11/07

中央大学国際経営学部への進学や国際舞台で必要となる英語力

 
現在のグローバル化の世の中において、海外を視野に入れた経営力というのは非常に重要な要素となっています。中央大学国際経営学部などグローバル人材育成をする学校では、海外を見据える経済活動が大切とされ、英語力の向上や国際舞台で活躍する人材育成が押し進められ人気の高い進学先とされています。
 

世界を視野に入れる経営について

 
現在の日本企業においても海外を視野に入れた経済活動が盛んに行われるようになり、グローバル化に適した経営を行っている状況が主流となっています。しかし、これは大手企業など限られた企業のみが実行していて、まだ国内規模でしか経営できていな企業も多くあります。
 
日本は外国語への対応や海外への情報収集の能力が乏しいこともあり、結果を出せずにいる状況でもあるため諸外国よりも海外シェアを獲得できていないケースが一般的でもあります。
 
しかし、国内シェアだけでしのぎを削り合うばかりでは、経営の規模を拡大するにも難しい状況にもなるため、海外を視野に入れた経営力が必要とされているのです。
そのため、教育環境ではグローバル人材と呼ばれる、国際的な舞台で活躍できる人材育成への取り組みに力を入れるようになっています。
 
2019年に開設された中央大学国際経営学部も良い例で、授業の7割が英語で行われ、国際的な知識を養い海外留学で経験を積み、グローバルレベルで活躍する人材へと成長を目指せるため、進学を希望とする学生が増えています。
 

国際舞台で必要となる英語力

 
中央大学国際経営学部など国際舞台を意識する大学で必要とされる英語力というのは、TOEFLやIELTSといった民間英語試験でのスコアも大切とされていますが、将来を考えると自身の考えを伝えられる英語力が必要とされています。
 
日本人は英語試験で結果を残すために、暗記に頼った英語学習を主流とするため、外国人を目の前にすると、英語でコミュニケーションを図れないなどの問題にも繋がり、結果を残せない傾向にあるため正しい英語力を養う必要性があるのです。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を把握することにより、英語の核が強化されListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。
 

まとめ

 
国際的な舞台で活躍するには、国際的な視野を持ち、英語などの外国語でハンデのない、グローバルレベルに引き上げることが重要とされています。中央大学国際経営学部などの国際舞台を意識した大学への進学を目指す学生も、まずは語学力の向上は必須となりますので、高い英語力を育むことをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約