英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

諦める理由を探すよりも続ける目的を強く見つめた英語学習

2020/11/07

諦める理由を探すよりも続ける目的を強く見つめた英語学習

 
どんなに良い教材や優秀な講師と出会ったとしても、習得を目指し英語学習を行うのは自分自身です。英語習得者の共通点は継続という道のりを歩んできたことです。諦める理由を探し失敗するよりも目的意識を明確にして見失わずに英語学習を行うことも大切です。
 

諦める理由探しに勤しむ

 
英語を習得することで視野が広くなり得られるものは大きくなりますが、容易く習得できる語学でもありません。むしろ日本人にとっては習得困難な語学として浸透している状況でもあります。
 
しかし、いくつもの英語の壁をクリアして英語を操れるようになり、就職や昇進に海外留学など、夢を叶えている人もいます。英語を操れるようになった人は必ず英語学習を継続させたという共通点があり、英語を習得できなかった人は継続が出来なかったという挫折がそこにはあります。
 
そして挫折という失敗を経験してしまう人の多くは、英語力がなかなか向上せず不安な感情に満ちている辛い時期に、英語習得をやめる自分を肯定するために仕事が忙しい、英語は難しいから習得できなくても当たり前だなど、続けないという選択肢を取る理由にフォーカスを当ててしまいがちなのです。
 

成功者は目的意識が明確

 
英語学習を継続させるためには、英語を身に付け何を成したいのか、目的を明確にして必ず達成させるという強い意志が大切になります。
後ろを振り向かず前を見続けることで、英語学習で心折れそうな状況が訪れても、前へ前へと進むために思考が働くようになります。
 
そのため、漠然と話せるようになりたいといった目標では逃げ道を作りやすくなってしまうため、英語学習をリスタートさせるにあたり、必ず目的の明確化というのを怠ってはいけません。
 

まとめ

 
自分を慰めることは優しさではありません。自身の折れそうな心を支えて背中を押すことが優しさでもあります。
しかし、日本の学校教育のような誤った勉強方法では立ちはだかる壁も高く感じ、乗り越える力を養うことも難しいというのが本音です。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルを軸とした独自のメソッドで、究極とも言える英語の基礎を習得していただきます。英語の本質を理解することで難解なパズルのような英語から脱却することができ、英語の壁を乗り越えるメンタル力や英語力向上を図れる正しい学習方法の選択も行えるようになります。
 
TOEICやTOEFLといった試験でのハイスコアだけではなく、最短で確実に本格的で生きた英語力を身に付けたい方は、生徒一人ひとりの目的達成を最重要課題としたコーチング型英語学校LIBERTYの無料カウンセリングにお越しください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約