英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

聞き流し英語は効果があるの?その活用法とは?

2020/11/07

聞き流し英語は効果があるの?その活用法とは?

 
一時期話題にもなった聞き流し英語。テレビCMなどでは著名人が英語が話せるようになったと流暢な英会話を披露していました。しかし、果たしてその効果は本当なのでしょうか。本記事では聞き流し英語の効果や活用法についてご紹介いたします。
 

正確な発音が聞けるためリスニング力が上がる

 
聞き流し英語は、ある程度効果があると考えられています。その理由として正確な発音を聞くことによりリスニング力が向上するため、繰り返し聞くことで実際にネイティブスピーカーの英単語を聞き取ることができるようになると考えられているからです。
 
日本人の英語講師の中でも発音には個人差がありますが、聞き流し英語はネイティブスピーカーの発音を収録しているものも多く、それらを教材として選ぶことで英語圏の発音に馴染むことができます。
 

単語や文法などの基礎固めにも最適

 
聞き流し英語では日本語訳と文法を交互に聞き、頭にインプットしていくというものも多いです。例えば「This is a pen」という文法から情報を得るためには単語の知識を必要とします。ただ、日本語訳によって、どの単語がどの意味であるかを考える猶予が与えられ、この時間にこそ英語力の拡張に繋がるのです。
 
またこの文法は簡単に見えますが、a penのaが不定冠詞であり、penの始まりが母音ではないためa penである、と深く考える人は少なく、これが当然の形として覚えることができます。この「当然」という部分を増やしていくことで徐々に応用力もついていくのです。
このように聞き流し英語は、学習を耳と脳で完結することができるため、感覚として覚えることができるようにもなっていくのです。
 

聞き流し英語はこういう人には向いていない?

 
ただし、聞き流し英語に向いていない人がいます。それは聞き流すことができない人です。先ほど挙げた単語や文法の話は、ある程度英語に慣れた人の次のステップであり、初めのうちはとにかく英語に慣れていくことが大切です。「This is a pen」が理解できないからといって巻き戻して何度も同じ文法を聞くことは効率が悪く、あまり成果を望めません。
 
あくまでも聞き流し英語は発音や多くの単語・文法に触れることができると考え、あまり難しく考えずに用いる教材とすると良いでしょう。
 

まとめ

 
聞き流し英語は、普段英語に触れる機会の少ない日本人にとって、その機会を増やす教材でもあります。このような教材を上手く活用することで、英語への抵抗力が薄れ、リスニング力が向上したり、知っている音は増えることによりスピーキングの能力向上にもつながり、多くの文法を感覚的に覚えることができますよ。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約