英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

フィリピン講師に学ぶ英語学習。英語力や訛りは影響ある?

2020/12/03

フィリピン講師に学ぶ英語学習。英語力や訛りは影響ある?

 
マニラやセブなど短期留学先としても人気があるフィリピンでは英語は公用語でもあります。そして、オンライン英会話の講師として活躍する人もいます。そんなフィリピン講師に学ぶ英語学習での、英語力や訛りといった気になる部分について触れていきます。
 

フィリピンの英語力について

 
英語学習ではイギリスやアメリカといったネイティブスピーカーから直々に教わりたいという学習者が多いことでしょう。
しかし、海外留学など物価の安い国で学ぶことは節約にもなりますし、ワーキングホリデーや語学留学性が多く集うフィリピンでは、多様な国との国際交流が図れるなど、行きやすさや良い点が多いため、昨今では英語を学ぶ語学留学先として日本人に人気の国でもあります。
 
日本では週1、2回の英語授業が行われ、学校外で必要であれば自習を行う、あるいは総合塾や英語学校で自主的に学ぶスタンスですが、フィリピンでは小学校から週5回程度の英語授業が設けられ、学年が上がれば国語や歴史を除き、英語で授業が行われていきます。
 
日本語だけで十分と考えている日本人とは異なり、英語というスキルがあることで将来の選択肢が広がることや、高給な職に就き人生を豊かにするツールという重要性を理解しているため、モチベーションも違うのです。
そして、フィリピンでは第二言語という位置づけよりも、母国語であるタガログ語と並ぶ公用語として教育を受けるため、日本とは圧倒的に英語に対する意識が異なり、英会話力英単語や英文法などの語彙力も比較にならない程レベルは高いのです。
 

フィリンピン英語への疑問

 
フィリピンで交わされるのはアメリカ英語がベースではありますが、やはりネイティブと異なる要素はあります。
特にフィリピン訛りが気になる方が多いことでしょう。
しかし、ネイティブであってもオーストラリアやイギリスの影響を受けているケースもありますし、日本の関西弁のように地域によっても異なる部分というものはあります。どれが正しい発音なのか考え、ネイティブの発音や文法を目指すことよりも、まずは外国人と交流を図れる英語力を養えるかにフォーカスを当てることが大切でもあります。
 
また、日本人同様に学習という道を通り英語を身に付けているフィリピンの人々は、ゆっくりめで会話してくれたり、スラングなども多用しないため日本人には聞き取りやすく、間違ったとしても理解してくれようと努めてくれるので、アウトプットを強化したいや自信をつけたいと考える人には安心して英語力向上を目指せる国でもあるのです。
 

まとめ

 
日本人はネイティブのような発音や文法など、ゴール地点がネイティブを意識し過ぎているようにも感じます。それよりも優先して目指すべきは使える英語力であり、アウトプットの量は大切でもあります。
英語力の自信をつけるため、生きた英語を強化するためにフィリピンは取り組みやすい留学先でもあり、訛りなどを気にせず日本人よりも英語教育が進んでいるフィリピンの方に英語を教えてもらうことは得るものがあると言えるのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約