英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語のスコアアップの停滞はマンネリ学習が原因?

2020/12/04

英語のスコアアップの停滞はマンネリ学習が原因?

 
毎日勉強机に座り学習を続ける学生の中には、学校のテストやTOEIC/TOEFLなどの試験でスコアアップにつながらず停滞する期間があり、その期間が長くなれば英語への苦手意識が植え付けられてしまいます。そんな停滞したマンネリ学習から卒業しなければならない理由についてお伝えします。
 

日本人の英語学習はマンネリ化しやすい

 
日本人の学校教育は受け身の学習が多く、教員が教科書の説明をしているのを聞く学生といった構図が当たり前になっています。また、学生も自身から発言をするといった授業形態ではないため、集中して授業に取り組むことも難しくなります。
 
英語学習においても、授業中に教師が黒板に文法を書いて説明し、単語の意味を教えるなどありきたりな授業内容が続き、端的な学習が続くため、実際に自身の意見を英語で構築して話したり、他の生徒が意見する内容を聞き取るといったことが行われておらず英語への理解は低くなります。
 
また、一人での学習方法も単語をノートに書いて覚えることや授業で習った文法を覚えるといったことを繰り返すだけなので、マンネリ化しやすく英語を使う意識は高まりません。これでは、英語への苦手意識が強まり、英語を理解するのは困難となります。
 

受動的な授業だけではダメな理由

 
現在、能動的な学習が注目されている理由は、自身の発言や他者の発言を聞くことにより、協調性を養うことや個性を高めるといった多様性に富んだ考え方を見い出すことができるため、より深く物事に対して興味を得て考えるようになるといったメリットがあるとされています。
 
また、現代が抱えている問題も多角的な視点から物事を考察し、解決策を見いだす必要性があるため、1つの分野に特化した知識だけでは乗り越えることが難しいとされています。
そのため、学習においても端的な学習よりも複合的な解釈を求められるケースが増えている結果となっています。
 
英語への重要度が増す現代において、英語は暗記物ではありません。
コミュニケーションツールというスキルとして使いこなすことが求められています。
暗記が必要ないという訳ではありません。暗記した知識に蓄えた情報をアウトプットできるようにすることが求められているということを理解して英語学習に取り組む必要性があるのです。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化されてListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上し、使える英語へと昇華することができます。
 

まとめ

 
英語学習を続ける学生にとって、スコアの停滞などは非常に苦しい時間となるでしょう。
そして、スコアアップが停滞する原因は、英語の正しい使い方への理解ができていないことが問題だと考えられます。覚えた情報を正しくアウトプットできる能力がなければ、英語は難しいと感じます。正しい構造や規則を理解し英語学習に取り組むことが大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約