英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

交渉を有利に進める英語力とは?丁寧な英語が必要な理由

2020/12/05

交渉を有利に進める英語力とは?丁寧な英語が必要な理由

 
ビジネスシーンで英語での商談やプレゼンテーションが増える現代において、高い英語力を求められる企業が増えています。社員にとっては英語力の向上は必至となりますが、ビジネスシーンで求められる交渉を有利に進める英語力とは?丁寧な英語が必要な理由についてお伝えします。
 

ビジネスで英語が必要となる理由

 
グローバルな現代において、国内だけの経済活動では利益を上げることが難しい状況でもあるため、海外シェアを獲得することにより、企業規模を拡大できる可能性も増え、企業は国内以外での経済活動が求められている状況でもあります。
 
そのため、社員は高い英語力を習得し、商談やプレゼンテーションに臨むシーンが増えているのです。しかし、日本人の多くは英語への苦手意識が強く、海外でのシェア獲得に難航しているケースが非常に多いのです。
 
商談や交渉が行える英語力を養えていれば、多くの利益を上げられる可能性が高いのですが、日本企業で海外進出を成功させているのは大手企業が多く、中小企業や小規模で優秀な技術者がいる会社が海外事業を成功させることが困難となっています。
 
ビジネスシーンでの英語力が求められている理由は、事業を拡大したい会社にとっては必須スキルと変わってきているため、社会人の方や学生に語学習得を望む傾向が強まっているのです。
 

企業が求める英語力

 
ビジネスシーンで海外の企業と商談やプレゼンテーションする際には、日常レベルの英語力では、稚拙な印象を与えてしまうなどデメリットも生まれるため、ビジネス用の丁寧な英語力が求められます。英語にも日本語同様に丁寧な言い回しがあるため、ビジネス英語と呼ばれる英語力を備える必要性があるのです。
 
TOEICといった英語試験ではビジネスシーンを想定した出題をされるため、TOEICでハイスコアを獲得すれば問題ないのではといったイメージがありますが、実際にビジネスシーンでは、TOEICで培った英語力だけでは商談やプレゼンテーションを乗り越えるほどの英語力は養えないため注意が必要なのです。
 
LIBERTYでは、英語ネイティブが感覚的に捉えている英語を体系的に身につけることで、教養あるエリート層の完成された英語を習得することができます。
 

まとめ

 
グローバル時代を生き抜く企業や社会人の方にとって英語力は、企業の発展や昇進などにも関わってくる必要不可欠なスキルへと変貌しています。高い英語力を養い、経済的な発展や自身の成長に役立てられるように強化していきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約