英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

ちゃんと英語をやれば良かった!学生に伝える英語の重要性

2021/01/03

ちゃんと英語をやれば良かった!学生に伝える英語の重要性

 
学生時代になんとなく平均が取れていれば問題ないと考える学生がいますが、就職後にちゃんと勉強しておけばよかったと感じることがあります。特に、グローバル化を身近だと知るのは就職後です。今回は、ちゃんと英語をやれば良かった!学生に伝える英語の重要性について説いていきます。
 

学生の英語学習の重要性

 
学生にとっての学校は、友人を作り共同生活を覚え授業により英知を養い、将来働くための力を身に付ける場として経験を積み上げる環境です。一生懸命自身の将来叶えたい夢のために勉強に励む方もいれば、なんとなく平均的な成績を取って仕事までの猶予をつなぎ止めている学生も中にはいます。
 
勉強の大切さに気が付くのが遅い学生にとっては、就職後にちゃんとやっておけば良かったと後悔することもあり、学生時代は学業に真摯に取り組むべきでもあるのです。
 
確かに昔ほど、学歴社会ではありませんが、良い大学に進学して学ぶことで、世界トップクラスの知識や経験を積み上げて就職することになれば、有名企業に就職できることや自身の願う道を歩める可能性が高まるのには、変わりありません。
 
また、現代のグローバル化において英語学習をちゃんと真面目に受けておけばよかったと感じるほど、英語が実務で必要となるシーンは増えています。就職後にその重要性に気が付いたとしても一般業務を熟しながら語学力を高めるのは大変な作業でもありますので、学生時代に語学力を向上させることが重要となります。
 

なぜ学生は英語が嫌い?

 
英語を嫌いと言う学生は少なくはありません。英語は単語や文法を暗記さえすれば使いこなせる様にはなりません。暗記した情報を正しく構築することでやっと、覚えた単語や文法が活きてくるのです。
 
しかし、この英語の基礎とも言える構造や規則と言った情報を学校教育では教えてくれていません。そのため英語を苦手と感じる学生や社会人が多くいるのです。正しい英語学習を行っていれば、グローバルの現代において語学力で苦労することはなかったでしょう。それだけ、日本人の学習能力や教育レベルは高いのです。
 
LIBERTYでは、英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、回り道をすることなく、最短距離で高いで英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
英語の重要度が高まる現代において、英語学習を怠ってしまい後悔する学生は少なくはありません。ビジネスシーンでは英語の利用頻度が高まっていることもあり、後で後悔しても遅いことはありませんが、早い段階で英語習得し即戦力として企業に貢献することや、自身で起業する際に語学力がプラスに働くことは多にありますので、学生時代から正しい英語学習を行いプラスに働くようにすることをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約