英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

暗記した英語が出てこない!英語が出来ない人の特徴

2021/01/03

暗記した英語が出てこない!英語が出来ない人の特徴

 
ビジネスシーンでは、メールのやり取りや電話対応など、外国企業や外国人とコミュニケーションを英語で図るシーンが増えています。ですが、暗記した英語が出てこない!そんな社会人の方は多いのではないでしょうか。今回は英語が出来ない人の特徴についてお伝えします。
 

暗記したのに英語が出ないのはなぜ?

 
グローバル化が進みビジネスなどで英語を使うことが増え、社会人の方が英語学習に励むシーンを目にする機会も多くなりました。独学で、英単語やフレーズ本などを暗記して語彙力を増やす学習方法に取り組む方は少なくはないのではないでしょうか。
 
しかし、実際に外国人と対面して話したり、電話対応しようとすると暗記したはずの英語が全く出てこないで困るといった状況は多々あります。なぜ、英語を一生懸命勉強しているのにも拘らず実践で成果が表れないのでしょう。
 
これには、いくつか学習方法に問題があります。まず一つ目は、英語を暗記しても英語を使うことに慣れていないということが考えられます。英語は、トライ&エラーを繰り返し成長させなければいけないスキルですので、インプットした情報を正しくアウトプット出来るようにしなければいけません。
 
次に、英語を構築する能力の欠如です。いくら文法や単語にフレーズ本の情報を暗記したからと言って、自身で正しい英語を構築できなければ、相手に伝わる英語を話せる様にはなりません。バラバラのパズルを正しくはめ込むには、正解が見えていなければ正しい形は作り出せません。英語の正解を導き出せなければ、暗記した情報を正しく相手に伝えることは出来ないのです。
 

英語が出来ないで終わらせない!

 
英語は暗記だけでクリアできる学習ではありません。正しい形に生成して吐き出さなければ、コミュニケーションを図れません。文章を書くのであれ、外国人と対話するのであれ、英語は正しく構築できなければ相手には伝わらないのです。
 
日本語との違いに戸惑う方が多い語学ですが、正しい構造や規則さえ守れば伝わる英語へと成長させることは、さほど難しい事ではありません。ただし、端的な学習を続ける学校教育では、この正解を教えてくれません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルという英語学習法により、「英語の正解」を把握できるようになるため、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。
 

まとめ

 
英語が出来ない人の特徴は、英語の本質となる構造や規則を理解していない可能性が高いと言えるでしょう。フレーズ本などを暗記しても、ピッタリ当てはまるフレーズを覚えていなければ、会話は止まってしまいます。だからこそ、正しい英語の基礎を理解することで、覚えた情報を正しく構築し相手へ伝える英語へと成長させることができ、大切なコミュニケーションツールとして役立ってくれるのです。英語の正解を把握できる様にするための学習を始めることをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約