英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語に興味を持つきっかけはYouTubeでも良い理由

2021/01/03

英語に興味を持つきっかけはYouTubeでも良い理由

 
学校の堅苦しい英語授業では興味を持てないという学生は多くいます。学問において興味を持つことは非常に重要なのです。そのきっかけは、YouTubeなどの動画サイトやエンターテイメントの興味を持ちやすい物から初めても良い理由についてお伝えします。
 

英語習得のきっかけは興味を持つことが大事

 
どんな学術であっても興味がないことであれば、集中することは難しいものです。そして、なにかしらのきっかけにより、興味を持ち学術に精通していくようになることがあります。
興味を惹かれる要因が増えるほど、人は真摯に学ぶようにもなるので、英語であっても最初は堅苦しいと感じ興味を持てない状況から変化させることは難しい話ではありません。
 
特に英語という学習に興味を抱ける様にする方法は沢山あるのです。例えば洋画や洋楽といったエンターテイメントは身近で手軽に興味を抱ける要素となります。また、現代であればYouTubeを通して英語に興味を抱くケースも非常に多くなっています。
 
芸能人の中田敦彦さんの「YouTube大学チャンネル」や、ミュージシャンのGACKTさんの「がくちゃんチャンネル」で英語を学んでいたり、英語レッスンしてくれる動画があるため短時間でも英語に取り組んでみようと言った意識を高めてくれます。
 
英語学習に取り組むきっかけは単純に気になるからで問題ないのです。興味を持つことが英語学習に集中できるようにもなるのです。
 

きっかけを掴んだら目標を決めましょう

 
英語に興味を持てたら、目標を立てることをおすすめします。目標無くして勉強を続けていても、結果が反映されずにいると諦めにつながってしまいます。語学学習は特に、分からない伝わらないなど挫折につながるシーンが数多くあるため、英語を習得して何をしたいのかといった目標を立てることも大切なのです。
 
興味を持ったからこそ、ゴールを決めて学習に取り組むことで、何が足らないのか?何をしなければいけないのか?が見えてきます。途方もなく勉強に励んでいても、成長できない状況はストレスでしかありませんし、洋画やYouTubeの動画を見ていても「真剣に英語を聴きとろう」や「話せる様にしよう」といった意識が薄れ、ながら見してしまえば成長することのない時間を無駄に過ごしてしまう可能性が高まります。
 
だからこそ、目標設定は大切な目安にもなるのです。興味を持ってなんとなく勉強しても語学習得は難しいため、正しい英語の基礎を理解しながら成長していけるようにすることをおすすめします。
 

まとめ

 
グローバルな現代において英語と言うスキルは、ビジネスシーンで非常に重要な役割を担っています。ですが、英語への苦手意識を抱く日本人は少なくありません。大切なスキルだからこそ、英語への興味を抱けるようにしていくことも英語習得のきっかけになります。洋画や洋楽にYouTubeなど、自身から日常に取り入れて興味を持ち成長を促してみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約