英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語を理解する人のできると出来ない人のできる感覚は違う?

2021/01/03

英語を理解する人のできると出来ない人のできる感覚は違う?

 
英語の理解度は人によって違います。特に英語を理解している人のできるといった感覚と出来ない人のできる感覚は全く違います。英語4技能を巧みに操る人のできると、学校のテストで良い点を取れても対人とのコミュニケーションは図れない英語の出来るには大きな違いがあるのです。
 

ハイスコアが必ずしも英語が出来るではない

 
テスト範囲で出題される単語や文法をひたすら暗記してスコアが良くても英語が出来る人ということではありません。英語を理解する人のできるという感覚は、暗記した情報を使い英文を自身で構築することができ、情報を正しく扱える状態を指します。
 
グローバルな時代において、必要とされる語学力として求められる英語力というのは後者の英語力であり、異文化コミュニケーションを図れる英語力が求められています。英語は暗記して終わりの学習ではありません。相手との対話を成立させるためのツールですので、出来るという最終地点の目標が違います。
 
そのため、学校でハイスコアを獲得したとしても、それは英語を出来ない人のできるレベルであり、英語を理解し使いこなしている人の出来るとは全く違うベクトルでの出来るであることを知りましょう。進学の際には、テストのハイスコアで優秀な成績を残していると判断されるかもしれませんが、社会に出た時に必要とされる英語力は、それではないのです。
 

出来ない人のできるを成長させる英語学習

 
暗記力のある学生にとっては、それだけ英語の知識が頭に記憶されていることになります。
では、その情報をしっかりとアウトプット出来るか出来ないかが重要なポイントとなります。
 
英語を使いこなせない学生の特徴は、自身のインプットした情報を正しくアウトプット出来ないことが原因となっているため、正しい英語の情報をアウトプット出来るように知識を構築する能力を向上させてあげる必要性があります。点と点をつなぎ線とする能力が足りていないから英語を理解できずにいるため、線としてつなげる部分を補ってあげることが大切なのです。
 
LIBERTYでは、英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、回り道をすることなく、最短距離で英語力を身につけることができます
 

まとめ

 

英語はコミュニケーションツールですので、相手との対話が行えてやっと使えると胸を張ることができるスキルです。学校のテストやTOEICでハイスコアを獲得できたとしても、その情報を正しく構築してコミュニケーションツールとして役立てることが出来なければ、それはコミュニケーションを図れない人のできる英語でしかありません。グローバルな時代にそぐう英語力を養い将来に役立つスキルとして昇華させることをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約