英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

知っておいた方が良い日本と英語圏の違い【交通編】

2021/01/04

知っておいた方が良い日本と英語圏の違い【交通編】

 
英語圏を旅行をする場合には、我が国とその旅行先との違いを把握しておくことが重要です。特に現地での移動でも欠かせない交通手段とその特徴などは事前に調べておきましょう。今回は日本とアメリカの違いを取り上げて見ていきたいと思います。
 

遅延は当たり前?ニューヨークの地下鉄事情

 
旅行先として選ぶ方も多いニューヨークですが、その地下鉄は悪い意味で度々取り上げられており、その多くは遅延に関するものです。というのも、定刻通り電車が発着し、遅延した場合にはアナウンスされるのは日本くらいで、世界のほとんどの国や地域の電車は遅延することが当たり前です。
 
ニューヨークの地下鉄も利用者の7割近くが「電車の遅延で会社に遅れた」と感じているほどには遅延が常習化しています。旅行で地下鉄を利用する際には、遅延を考慮してプランを練った方が良いでしょう。
 

アメリカは車社会!移動はタクシーが主流?

 
日本は国内の移動には電車を使うのが最もポピュラーですが、アメリカは車社会であり、遠くへの移動は飛行機、近場には車が主流となっています。そのため、アメリカに旅行した際に最も使う交通手段はタクシーである場合が多いのではないでしょうか。
 
タクシーというと「高い」というイメージがある方が多いかもしれませんが、アメリカのタクシー料金は日本の3分の1程度だそうです。その代わり、運賃の1割から3割程度のチップを渡す必要があります。とはいえ、日本より安いので積極的に利用してみると良いかもしれません。
 

市内移動は自転車が楽!

 
日本でも都内を中心に普及し始めているレンタサイクルや電動自転車のシェアサービスですが、アメリカ人にとってはなくてはならないサービスの一つとなっており、街中でこのサービスを見かけることができます。
 
特にシェアサービスであれば、街中のステーションから借りて、別のステーションに返却することも可能なので利便性も高く、タクシーと比べて料金も安いうえに治安が悪いと言われる地下鉄よりも安全です。市内の移動には自転車のシェアサービスを利用してみましょう。
 

まとめ

 
日本では、中長距離であろうと短い距離であろうと、電車移動のダイヤグラムが正確で利用しやすいサービスです。しかし、アメリカなどの海外では日本の感覚で電車移動を選択しても、必ずしも時間に正確であるとは言えません。そして、アメリカに限らず各国に合った移動手段がありますので、旅行中に失敗しないためにも事前に調べておくようにしましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約