英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

日本ってどんな国?英語で聞かれ答えられない学生が多い問題

2021/01/04

日本ってどんな国?英語で聞かれ答えられない学生が多い問題

 
留学先で始めてコミュニケーションを図る際に、好きな食べ物や趣味にどんな生活を送っていたのかなどの会話がされます。また、日本ってどんな国?と聞かれることもありますが、英語で答えられない学生が多くいます。今回は、英語で日本について説明する必要性についてお伝えします。
 

日本ってどんな国?

 
歴史の授業などで、日本のことを学んではいますが、英語で政治や経済に文化などについて上手に答えることが出来ない学生は多くいます。日本人の学生にとっては、政治や経済と言った問題に対しての熱量が海外とは違うため、自国の事についての会話が上手く運べないケースが非常に多いのです。
 
自分の暮らす日本について知らなすぎる。知ろうとしないといった学生は少なくはありません。従って、留学先やホームステイ先で日本の事を聞かれると上手く話せないといったことが多くなります。
 
ですが、外国人は日本は裕福な国であり、清潔な国などさまざまな印象をネットの情報を見ていることもあり、リアルな声が聴きたいという興味もある話題なのです。
自国の事を伝えられるようにしておくこともコミュニケーションを図る上では大切となります。相手の質問に答えられるぐらい、日本の事について話せるようにしておくのも大事なのです。
 

どんな内容が話せると言い?

 
日本で有効に使える情報としては、経済大国といった技術的な情報を伝えられますが、近年外国人の方が気にする内容としては、日本独自の食べ物の話やアニメーションの話。なかには、サムライや芸者といった過去の歴史事情に興味を持っている方も多くいます。そのため、日本特有の文化に親しみを持って伝えるのも良いでしょう。
 
また、環境問題への取り組みや少子高齢化社会など、世界レベルの内容に対して日本の取り組みについて聞かれることもあります。政治や経済など視野を広げなければならない質問もありますので、エンターテイメントばかりでなく社会についても意識して学んでおくこともおすすめします。
 
グローバル化が進む現代において、異文化コミュニケーションは増えていきます。その分、自身の国に対しての知識も多く持っていることで、日本の良い所・悪い所が見えてきます。海外で学ぶということは、他国を意識するだけでなく、自国を意識することにもつながっていき、より良い生活に対してもシビアに考えられるようになるでしょう。
 

まとめ

 
自分が住んでいる日本と言う国について深く知らないまま海外に出て、自国の事を聞かれて答えられない。それは、他国の方にとっては不思議な光景でもあるのです。日本を理解し伝えられるようにしてコミュニケーションを図り、より良い日本を作り上げるために必要な事や世界を知り日本に足りない物を補うために行動することも海外留学で得られる情報の一つとなることでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約