英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語から離れてみるのもあり。ただし覚えておきたいこと

2021/02/03

英語から離れてみるのもあり。ただし覚えておきたいこと

 
英語学習をしている方の中には、理解できなかったりして思うように学習が進まない方もおられます。そんな時は一度英語から離れてみてもよいかもしれません。ただし、英語から離れると言えど覚えておきたいことがありますのでご紹介していきます。
 

毎日英語に触れておく

 
「英語から離れるのに英語に触れるとはどういうこと?」と思う方もいるかもしれませんが、英語から離れるというのは、「文法の学習や日常英会話の練習などを一旦お休みする」という意味であり、「日常から英語を消し去る」ということではありません。毎日英語に触れる機会は作っておきましょう。例えば字幕の映画を鑑賞したり、洋楽を聞くことでも構いません。英語が身の回りから消えてしまうことがないように努めましょう。
 

英語に意識を向けて生活する

 
我が国は日本語で溢れてはいるものの、近年の積極的な外国人観光客の招致などもあり、道路標識や駅の掲示板、飲食店なども英語で表記されています。そういった英語に意識を働かせ、英語脳とはいかなくとも、英語をいつでも学習できるように意識を向けておくようにしましょう。きっと意識を向けているうちに、再び英語を学びたくなるときがやってきますよ。
 

教材は目のつくところに置いておく

 
これまで英語学習に使用した教材やノートなどは、目の届かないところにしまってしまう方もおられるかもしれませんが、これらは今までの努力の証であり、こういったものを見たときにふと英語を学びたくなることがあります。いつでも手に取れるよう、目のつくところに置いておくようにしてくださいね。
 

英語から離れているときに無理は禁物

 
英語から一旦距離を置く程度は人それぞれですが、あまりにも学習が上手くいかず、英語が苦手に感じて離れたのであれば、ご紹介してきたような英語のある生活を意識しないことをおすすめします。何故かと言うと、苦手意識が悪化してしまう恐れがあるからです。
英語学習に年齢は関係なく、また、学びたいと思った時に取り組めるものだと思います。ご自身が再び英語に興味を持つことができたときに、学習を再開するとよいでしょう。
 

まとめ

 
英語学習が思うように進まないときには、思い切って英語から離れてみるのも良いでしょう。ただし、「本当に苦手意識を持って離れた」という人以外は、洋楽を聞いたり、道路の標識の英語に意識を向けるなど、英語を完全に日常から消してしまわないようにしてくださいね。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約