英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語は表現方法がいくつもある!難しく考えないようにしよう

2021/02/03

英語は表現方法がいくつもある!難しく考えないようにしよう

 
英語を学習して間もない方で陥り易いのが完璧な答えを作らなければならない、と力が入りすぎてしまう点ではないでしょうか。英語はそこまで難しく考えなくても、知っている知識で表現することができます。どういうことかご説明していきたいと思います。
 

代わりの単語を模索しよう

 
例えば、「私は大学で英語を専攻しています」という例文を英訳するとします。皆さんはこの文章をどのような英文にするでしょうか?
 
この時、多くの人は、私「I」、大学「university」、英語「English」という単語は思い浮かぶかもしれません。ただ、「専攻」という単語については思い浮かばない人もいるのではないでしょうか。
 
ここで難しく考える必要はありません。もう一度例文をみてみると「英語を専攻している」とありますが、これは言い換えると「英語を勉強している」という意味にもなります。勉強は「study」ですから、この単語であれば多くの人が知っていますし、「I study English at university」という英文を作成できるのではないでしょうか。
 

英語の答えはひとつだけではない

 
日本人は完璧主義である人も多いため、「答えが一つしかない」と考える傾向にあります。しかし、英語は数学のように答えがひとつだけというわけではなく、何通りもの答えを持っているのです。先ほど出てきた「university」のスペルが分からない場合は、「school」で代用しても不自然ではありませんよね。単語が分からないからと試験などでそこの部分を空白にしてしまうことはもったいないです。今ある自分の知識の中から、英文を表現してみるようにしてください。
 

代わりを探すことは英語力向上にも繋がる

 
さて、この「今ある知識で代わりを探す」ということは結果的に英語力の向上に繋がります。何故なら、英語を英語で考えるいわゆる「英語脳」になれるからです。英語脳は、日本語を挟むことなく、全てを英語で完結すればするほどこの脳に近付いていくことができ、英語を修得するための近道とも言われています。代わりの単語を考えることでいつもより脳が疲れていたら英語脳への第一歩です。英語習得のためにはこういったトレーニングを積み重ねていきましょう。
 

まとめ

 
英語は数学などとは違い、答えが何通りもあります。特に英訳問題などでは適切な単語を用いなくても知っている単語で代用することが可能です。またこういった単語の代わりを探すという考え方は英語脳になるための考え方であり、英語修得への近道となるのです。
英語を難しく考える必要はありません。自分の知っている単語や英文からどんどん幅を広げていってくださいね。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約