英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語初心者が完璧主義に捉われることで英語習得できない理由

2021/02/03

英語初心者が完璧主義に捉われることで英語習得できない理由

 
グローバルな現代において英語の重要性が高まり、社会人や学生など多くの方が英語学習に取り組んでいますが成長できない状況が問題となっています。また、英語初心者の方が完璧主義に捉われ、英語が習得できない原因となっているケースもあるのです。
 

完璧主義はダメ?英語学習は失敗で成長する

 
語学学習は完璧でなければ使えない・しゃべってはいけない。そういった思考を持つ日本人は多くいるため、完璧な英語を覚えようと必死になる傾向にあります。確かに失敗しない語学力は魅力的ではありますが、英語初心者の方が最初から失敗を知らずに完璧な英語力を養えるかと言えば、まず無理でしょう。
 
基本的な事を理解したとしても失敗はします。言い間違いや発音が笑われることだってあります。そういった間違いを繰り返すことも語学学習の一部です。
日本語を覚えていく課程で、子供は言い間違いも変なイントネーションではしゃべることもあります。しかし、その失敗を繰り返していくことや国語を学ぶことで語学力が向上していくのです。英語も同様で、失敗を経験して調整していき高い英語力を養うことが出来るのです。
 
従って、最初から完璧主義で語学学習に取り組もうとすれば、失敗を恐れて話すことに距離を置いたりして、暗記した情報だけで英語が出来ると言った判断材料にしてしまうのは大変危険です。英語学習を本格的に始めるのであれば、失敗も込みで取り組んでいかなければ、成長は困難であることを理解しなければいけません。
 

失敗を減らすことを可能な英語学習

 
失敗することが怖いや恥ずかしいと感じる方は、英語学習において基礎となる土台をしっかりとマスターすることが大切です。これは、発音やイントネーションと言ったアウトプットする能力ではなく、英語を構築するための構造や規則を正しく理解することが重要となります。
 
相手の話す内容に対して、正しく応えられるかが重要であり、返答する英文が間違っていれば、相手を混乱に招くことになり、自身の英語力にネガティブな印象を植え付け苦手意識が強まってしまいます。発音やイントネーションがアバウトであっても、英文が正しければ1度2度聞き直せば相手は理解してくれますが、英文自体が間違っていては対応する策がないのです。
 
ですので、英語初心者の方が最初に取り組むべき英語学習は、英語の構造や規則について正しく理解することが大切なのです。そして、単語力や熟語力を積み上げ、使う機会を増やし失敗しても使い続けることで、英語力は向上していきます。
 

まとめ

 
英語は現代社会において重要なスキルであることには違いありません。
日本人が英語を苦手とする国民であることも間違いありません。
だからこそ、完璧な英語力を養いたいと考えるのはごく自然な流れでもありますが、完璧を始めから追い求めて失敗する方は非常に多くいます。語学学習において失敗は付き物ですので、失敗して成長させる物だということを理解しておきましょう。
精神的に失敗して辛いと感じる方は、基礎を完璧に覚えて失敗する回数を減らすことは可能となりますので、高い英語力を養いたい方は、LIBERTYの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約